TopMovable Typeカスタマイズページ分割 > 2012年3月
2012年3月23日

Movable Typeの「最近のブログ記事」をページ分割する

March 23,2012 1:55 AM
Tag:[, , ]
Permalink

Movable Typeの「最近のブログ記事」をページ分割するカスタマイズを紹介します。

このカスタマイズを行えば、サイドバーの「最近のブログ記事」でページ送りができるようになります。ページングはAjaxで行います。

完成イメージ
完成イメージ

以下にサンプルも用意しました。「最近のブログ記事」のページ送りを確認できます。

サンプル
完成イメージ

以下、「クラシックブログ」テーマをサンプルにしたカスタマイズを紹介します。

このカスタマイズにはPageButeプラグインが必要ですので、事前にインストールしてください。3.5.0(またはそれ以上)の利用をおすすめします。

このカスタマイズを応用すれば、たいていのリスト類はページ分割が行えると思います。

1.インデックステンプレートの作成

「最近のブログ記事」を出力するインデックステンプレートを作成します。テンプレートには以下の内容を貼り付けてください。テンプレート名は「最近のブログ記事」、出力ファイル名は「entries.html」としてください。保存後、再構築をしてください(再構築しないと後の手順でエラーになります)。

<div id="entries">
<div class="widget-recent-entries widget-archives widget">
  <h3 class="widget-header">最近のブログ記事</h3>
  <div class="widget-content">
    <div class="nav">
<mt:ifPageBefore>
  <$mt:PageBefore delim="&laquo; "$>
</mt:ifPageBefore>
  <$mt:PageLists show_always="0"$>
<mt:ifPageNext>
  <$mt:PageNext delim=" &raquo;"$>
</mt:ifPageNext>
    </div>
    <ul>
<mt:PageContents count="5" navi_count="3">
  <mt:Entries lastn="20">
      <li><a href="<$mt:EntryPermalink$>"><$mt:EntryTitle encode_html="1"$></a></li>
  <$mt:PageSeparator$>
  </mt:Entries>
</mt:PageContents>
    </ul>
  </div>
</div>
</div>
 
<script src="http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.7/jquery.min.js"></script>
<script type="text/javascript">
//<![CDATA[
$(function(){
  $('.widget-content .nav a').click(function(){
    var url = $(this).attr('href');
    $.ajaxSetup({
        cache: false
    });
    $('#entries').load(url, function(text, status) {});
    return false;
  });
});
//]]>
</script>

お分かりと思いますが、ブログ記事一覧の中でPageButeのテンプレートタグを利用して、必要なページ分のファイルを出力しています。記事の表示件数などは以下の赤色部分で適宜調整してください。

<mt:PageContents count="5" navi_count="3">
  <mt:Entries lastn="20">

PageButeプラグインで出力するページナビゲーションではAjaxによるページングが行えないので、テンプレート後半のjQueryで制御し、「最近のブログ記事」部分のみコンテンツを入れ替えるようにしています。

jQueryをすでに利用している場合は上記テンプレートに含まれる以下の部分を削除してください。

<script src="http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.7/jquery.min.js"></script>

2.ウィジェットの作成

1項のインデックステンプレートで出力したファイルを読み込むウィジェットを作成します。「クラシックブログ」テーマを使っている場合は「最近のブログ記事」ウィジェットの内容を以下に変更してもかまいません。

<mt:SetVarBlock name="path"><mt:BlogSitePath>entries.html</mt:SetVarBlock>
<$mt:include file="$path"$>

3.CSSの追加

スタイルシートに以下の内容を追加します。

.widget-content .nav {
    text-align: center;
}

4.mt-congig.cgiの変更

MT5.13以降で本カスタマイズを利用する場合は、mt-config.cgiに環境変数AllowFileIncludeを追加してください。

AllowFileInclude 1

5.再構築

すべての設定が終わったら全体を再構築してください。

6.注意事項

2項のMTIncludeタグにidentifierモディファイアは利用できません。identifierモディファイアでインクルードすると、インクルードしたページ全体がページ分割対象になってしまいます。

Comments [1] | Trackbacks [0]
Now loading...
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3