TopAppleiPad > 2013年2月
2013年2月14日

iPadなどのタブレット端末の画面操作に最適なスマートペン「パワーサポート スマートペン」

February 14,2013 12:03 AM
Tag:[, ]
Permalink

iPadなどのタブレット端末の画面操作に最適なスマートペン「パワーサポート スマートペン」の紹介です(ピンクを購入した理由は後述)。

パワーサポート スマートペン

先にお伝えしておきますと、この製品は販売元のパワーサポートではすでに販売終了しています。

パワーサポート スマートペン
パワーサポート

また2013年2月13日時点で調べたところ、楽天などの一部の店舗でわずかに扱っているのみで、ネット上ではほぼ売り切れ状態です。

売り切れの店舗でもしかしたら再入荷されるかもしれませんが詳細は不明です。これから購入を考えられている方は各店舗の販売ページをご覧ください。

1.このペンを選んだ理由

スマートペンを使ってみようと思い、ネットで調べたところ、この製品が高評価だったのが購入した理由です(検索でみつけた記事が古かったらすいません)。

購入を決めたあと、Amazonでこのシリーズのブラックが3本ほど残っていたのでとりあえず1本をカートにいれたのですが、早く使ってみたかったので「家電量販店でも売っているかも」と思い、そのときは購入しませんでした。

が次の日、家電量販店に行ってみたら売っていなかったので、Amazonから購入しようと思ったら黒がすでに売れ切れてました。

その時点で(楽天など含めて)在庫が残っていたのはピンクだけだったので、この色になったという訳です。

そしてAmazonでも売り切れました。

2.製品の特徴

本製品の特徴は次のとおりです(パッケージおよび製品のページからの引用・抜粋です)。

  • 先端が指先よりも小さいので必要な箇所を正確にタッチできます
  • 強い力で押さなくても正確な反応をするので、誤動作や無反応が気になりません(iPhoneの基準、45g以上の荷重の時に動作)
  • 先端は、表面抵抗を減らし、滑性を大幅に改善した素材を使用
  • 優れた耐久性で、250gの力で100万回のタッチテスト後にも同じ性能を維持します。

3.実際の書き心地

先端部分は非常にやわらかいシリコン製になっています。

写真ではお伝えできませんが、シリコン内部は中空ではなく、シリコンより2回りほど小さい突起物が仕込まれています。

この突起物とやわらかいシリコン先端部分の組み合わせにより、タッチしたときにシリコンがパネルにあたる感触がほとんどなく、突起物がパネルにあたるので、しっかりとタッチした感触を得ることができます。

これが書き心地のいい理由ではないかと思います。

また、私のiPad miniには以下の保護シートを貼っていますが、問題なく反応してくれます。

あと、比較対象が良くないこは承知していますが、予めダイソーで購入していた100円のスマートペンと比べるとまったく違いました。

ダイソーのスマートペンはシリコン部分が硬く、中に突起物が入っていないため、ぐっと押さえ込まないと反応してくれません。

4.参考サイト

購入時に参考にさせて頂いたサイトは以下です。ありがとうございました。

Comments [0] | Trackbacks [0]
2013年2月 4日

iPad/iPad miniでホームボタン操作を劇的に減らす4本指・5本指ジェスチャーのまとめ

February 4,2013 12:03 AM
Tag:[, ]
Permalink

ご存知の方も多いと思いますが、iPad/iPad miniでホームボタン操作を劇的に減らす4本指・5本指ジェスチャーのまとめです。

この技を使えば、ホームボタンを使いすぎて接触不良になる確率を減らせるかもしれません。

1.マルチタスク用ジャスチャを設定する

4本指・5本指ジェスチャーを使えるようにするために、iOS5から用意された「マルチタスク用ジェスチャ」を有効にします。

マルチタスク用ジェスチャを有効にするには、「設定」→「一般」→「マルチタスク用ジャスチャ」を「オン」にします。

マルチタスク用ジャスチャ

2.ホーム画面に戻る

ふ 通常、ホーム画面に戻るにはホームボタンを押します。

4本指・5本指ジェスチャーでホーム画面に戻るには、任意の画面でピンチインします。

ピンチイン

すると、元の画面が小さくなりながら周囲がホーム画面になり、

ピンチイン中の画面

ホーム画面に切り替わります。

ホーム画面に切り替わったところ

2.マルチタスクバーを表示する

通常、マルチタスクバーを表示するにはホームボタンを2回押します。

4本指・5本指でマルチタスクバーを表示するには、上方向にスワイプします。

上方向にスワイプ

それだけではありません。どの画面でもマルチタスクバーを表示できるようになります。

どの画面でもマルチタスクバーを表示

ホーム画面以外でマルチタスクバーを表示したときは、該当のアプリは表示されないようになっています。

3.アプリを切り替える

通常、アプリを切り替えるには、ホームボタンでホームに戻って該当のアプリアイコンをタップするか、マルチタスクバーに表示されたアプリをタップします。

4本指・5本指でアプリを切り替えるには、左右いずれかにスワイプします。そうするとすぐ横に次のアプリがにょきっと出てきます。

スワイプ中の画面

アプリの表示順序はマルチタスクバーに表示されている順番のようです。

以上です。これでホームボタンを押す回数が100000回ほど減るんじゃないかと思います(笑)。

Comments [0] | Trackbacks [0]
Now loading...
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3