MovableType のテンプレートを簡単にバックアップする Template Backup and Refresh プラグインの使い方

MovableType のテンプレートを簡単にバックアップする Template Backup and Refresh プラグインの使い方

Posted at April 12,2006 1:30 AM
Tag:[ManagementPage, MovableType, Plugin]

Movable Type のデフォルトプラグインである Template Backup and Refresh の説明です。機能は名称の通り、テンプレートのバックアップおよびリフレッシュを行ってくれます。

1.操作方法

このプラグインで行う操作は下記の通りです。

設定1管理メニューより「テンプレート」をクリックしてテンプレート一覧画面に移動し、バックアップしたいテンプレートの左端にあるチェックボックスにチェックをして(1)、右上にあるプルダウンメニューから「テンプレートを初期化する(3.2 は「テンプレートを更新する」)」を選択して「Go」をクリックします(2)。
スクリーンショットはインデックステンプレートの「メインページ」を例にしています。

設定2「Go」をクリックすると次ページで実行対象となったテンプレートが表示されます。「戻る」をクリックすればバックアップされたテンプレート(下記のように日付と時間が追加されたテンプレート名)が一覧に追加されています。

メインページ (Backup from 2006-04-12 00:25:00)

2.プラグインの動作

上記の操作を行うことで、プラグインは下記の動作を実行します。
  1. チェックしたテンプレートをリフレッシュ、つまり原本であるデフォルトテンプレートで上書きされる(Refresh)
  2. 現在使っているテンプレートは別の名前のテンプレートで保存される(Backup)

要するに、プラグインを実行することで現在使用中のテンプレートが別の名前で保存され、使用中のテンプレートがデフォルトテンプレートで上書きされる、という仕組みになっています。

バックアップ機能だけであれば、カスタマイズをしている途中のテンプレートを別名で残しておき、使用中のテンプレートに対して次のカスタマイズ作業に進めるのですが、リフレッシュも同時に行われるため、使用中だったテンプレートを再度使用するためには元のテンプレート(の「テンプレートの内容」)に貼り付け直す必要があります。

3.原本について

リフレッシュの原本となるテンプレート(デフォルトテンプレート)は、default-templates ディレクトリ配下の下記の名称で配置されています。
atom_index.tmpl
category_archive.tmpl
comment_error_template.tmpl
comment_listing_template.tmpl
comment_pending_template.tmpl
comment_preview_template.tmpl
datebased_archive.tmpl
dynamic_pages_error_template.tmpl
dynamic_site_bootstrapper.tmpl
individual_entry_archive.tmpl
main_index.tmpl
master_archive_index.tmpl
rsd.tmpl
rss_20_index.tmpl
site_javascript.tmpl
stylesheet.tmpl
trackback_listing_template.tmpl
uploaded_image_popup_template.tmpl

4.利用方法

前述の通り、テンプレートを編集前の状態に戻す機能があるので、テンプレートの編集に失敗した時などに利用することができます。また、現在編集中のテンプレートをバックアップとして保存するために使うこともできます。ただし同じテンプレートを引き続き使う場合、テンプレートを貼り付け直す必要があります。

もうひとつ、新しいテンプレートを default_template に直接アップロードし、Template Backup and Refresh プラグインを利用してテンプレートを入れ替えるという利用方法があります。
ただしこの使い方ついては日本語の問題があり、登録されたテンプレートで使用する日本語は全て ja.pm に登録し直す必要があります。例えば、当サイトで配布しているテンプレートを default_template にアップロードしてプラグインを実行すると、テンプレートはきれいに差し替えられますが、テンプレートに記述された全ての日本語が文字化けします。
ということで、このような利用をする場合は注意が必要です。

5.その他・注意事項等

  • 「システム」テンプレートのバックアップは「モジュール」に作成されます
  • デフォルトテンプレートの「テンプレート名」を変更するとプラグインの実行対象となりません
  • インデックステンプレートの場合、出力ファイル名を変更しても問題なく動作します
  • 新たに作ったテンプレートはプラグインの対象になりません(テンプレート名をデフォルトテンプレート名と同一にすれば実行対象となります)
  • プラグインの操作を繰り返すとバックアップのテンプレートがどんどん増えていきます。つまりバックアップテンプレートが上書きされることはありません
  • デフォルトテンプレートを誤って削除した場合、同じテンプレート名を付与すればプラグイン実行対象となります

ということで、このプラグインをうっかり実行してしまってもテンプレートが消失することはありませんので、ご安心ください。

6.間違ってプラグインを実行してしまったら

Template Backup and Refresh プラグインにはアンドゥ(元に戻す)機能はありません。したがって間違ってプラグインを実行してしまった場合、初期化されたテンプレートに対し、バックアップされたテンプレートの内容を手作業でコピー&ペーストします。

例えば「メインページ」の場合、ブラウザを2つ開き、片方はテンプレート一覧画面で「メインページ」のテンプレート編集画面(A)、もう一方は、「メインページ(Backup from ?と書かれたもの)」のテンプレート編集画面(B)を表示させます。そしてBの「テンプレートの内容」をAの「テンプレートの内容」にコピーします。そのあと保存・再構築してください。
コピーする方向を間違えると取り返しのつかないことになりますので、自信のない方はそれぞれの「テンプレートの内容」を他のテキストエディタ等に貼り付ける等して保存しておきましょう。

「テンプレートの名前」は、元の名前と全く同じものを設定してください(上記の作業で余計なことをしなければ大丈夫です)。メインページは「メインページ」、エントリーアーカイブは「エントリー・アーカイブ」とします。

2006.06.19 追記
6項を追加しました。

2006.09.07 追記
3.3 用の記述を追加しました。

2007.04.26 追記
タイトルを変更しました。またシステムテンプレートのバックアップについて記述を追加しました。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


トラックバック

Template Backup and Refreshは何のためのもの? from Toy Box
標準で装備されているプラグインに"Template Backup and Ref... [続きを読む]

Tracked on February 18, 2007 11:16 AM
コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)