Action Streams プラグイン(Movable Type 5 対応)の利用方法:その3

Action Streams プラグイン(Movable Type 5 対応)の利用方法:その3

Posted at July 27,2010 11:55 PM
Tag:[ActionStreams, MovableType, Plugin]

日が空いてしまいましたが、「Action Streams プラグイン(Movable Type 5 対応)の利用方法:その3」では、利用サービス一覧を表示するテンプレートを紹介します。

これまでの記事は以下のリンクからご覧ください。

1.特定ユーザーの利用サービス一覧を表示する

次のようなリストを表示します。

特定ユーザーの利用サービス一覧を表示

MTAuthorsタグとMTOtherProfilesタグを組み合わせます。MTAuthorsタグにはdisplay_nameモディファイアをつけて、特定のユーザーを指定します。サブテンプレートで使われているMTOtherProfileVarタグは利用サービスの情報を出力するためのものです。

<mt:SetVar name="author" value="mtbook" />
<mt:Authors display_name="$author" need_entry="0">
<mt:OtherProfiles author="$author">
    <mt:If name="__first__">
<div class="widget-elsewhere widget">
    <h3 class="widget-header"><mt:GetVar name="author" /> の利用サービス一覧</a></h3>
    <div class="widget-content">
        <ul class="action-stream-list">
    </mt:If>
            <li><a href="<mt:OtherProfileVar name="uri" escape="html" />" class="service-icon service-<mt:OtherProfileVar name="type" />"><mt:OtherProfileVar name="label" escape="html" /></a></li>
    <mt:If name="__last__">
        </ul>
    </div>
</div>
    </mt:If>
</mt:OtherProfiles>
</mt:Authors>

MTOtherProfileVarタグのモディファイアの意味は次の通りです。

モディファイア出力内容
type利用サービスを識別するキーワード
label利用サービス名
ident利用サービスを Movable Type に登録する際に入力したユーザー ID
uri利用サービス上でのユーザープロフィールページ URL

次のように、MTAuthorsタグを利用しない方法もあります。

<mt:SetVar name="author" value="mtbook" />
<mt:OtherProfiles author="$author">
    <mt:If name="__first__">
<div class="widget-elsewhere widget">
    <h3 class="widget-header"><mt:Var name="author" /> の利用サービス一覧</a></h3>
    <div class="widget-content">
        <ul>
    </mt:If>
            <li class="service-<mt:OtherProfileVar name="type" />"><a href="<mt:OtherProfileVar name="uri" escape="html" />"><mt:OtherProfileVar name="label" escape="html" /></a></li>
    <mt:If name="__last__">
        </ul>
    </div>
</div>
    </mt:If>
</mt:OtherProfiles>

2.全ユーザーの利用サービスをユーザー別に表示する

次のような複数ユーザーのリストを表示します。

複数ユーザーの利用サービス一覧を表示

この場合、MTAuthorsタグからdisplay_nameモディファイアを除去します。また、h3要素部分には、MTAuthorDisplayNameタグを利用します。

<mt:Authors need_entry="0">
<mt:OtherProfiles author="$author">
    <mt:If name="__first__">
<div class="widget-elsewhere widget">
    <h3 class="widget-header"><mt:AuthorDisplayName /> の利用サービス一覧</a></h3>
    <div class="widget-content">
        <ul class="action-stream-list">
    </mt:If>
            <li><a href="<mt:OtherProfileVar name="uri" escape="html" />" class="service-icon service-<mt:OtherProfileVar name="type" />"><mt:OtherProfileVar name="label" escape="html" /></a></li>
    <mt:If name="__last__">
        </ul>
    </div>
</div>
    </mt:If>
</mt:OtherProfiles>
</mt:Authors>
関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)