AssetExporter プラグイン v0.02

AssetExporter プラグイン v0.02

Posted at October 19,2010 1:55 AM
Tag:[AssetExporter, MovableType, Plugin]

Movable Type(MT)5 でアイテムをテーマにエクスポートする「AssetExporterプラグイン」をバージョンアップしました。

AssetExporterプラグイン

このプラグインは、Movable Typeのウェブサイトまたはブログにアップロードした画像などのアイテムをテーマとしてエクスポートします。またエクスポートしたテーマに含まれるアイテムをインポートすることができます。

1.バージョンアップ内容

バージョンアップ内容は次の2点です。

  • インポート時に元のディレクトリを再現
  • ディレクトリの再現要否について選択可能

前バージョンでは、プラグイン開発時間の都合で、インポート時に一律「assets」というディレクトリ配下にアイテムをアップロードするようにしていましたが、今回のバージョンアップで、アイテム単位にエクスポート前のアイテムのディレクトリをインポートで利用できるようになりました。

元々ここまで作り込みたかったのですが、なかなか手がつけられず、ようやく完成にこぎつけました。これがこのプラグイン本来の機能となります。

ディレクトリを再現できることにより、前バージョンでは同一ファイル名のインポートを単純にスキップしていた機能を改善して、同一ファイル名のアイテムでも、ディレクトリが異っていればインポートできるように変更しました。

例えば、以下のようなディレクトリ構成であれば、同一ファイル名のアイテムのインポートが可能です。

images/
    ├ draft/
    │   └ foo.jpg
    └ publish/
        └ foo.jpg

なお、ディレクトリを再現せず、「assets」ディレクトリ直下にインポートしたい場合は、今回追加したプラグイン設定画面のチェックボックスのチェックを外してください(下)。デフォルトはチェックされた状態になっています。

プラグイン設定画面

「assets」ディレクトリにアップロードする場合、元のディレクトリが異なっていても、同一ファイル名のアイテムはインポートをスキップします。

2.ダウンロード

バージョンアップしたプラグインは、github のAssetExporter プラグインのページからダウンロードできます。

利用方法については「AssetExporter プラグイン」のエントリーをご覧ください。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)