Movable Typeで作成したブログ記事をEvernoteにクリップする「ClipToEvernoteプラグイン」

Movable Typeで作成したブログ記事をEvernoteにクリップする「ClipToEvernoteプラグイン」

Posted at June 9,2011 1:55 AM
Tag:[ClipToEvernote, Evernote, MovableType, Plugin]

シックスアパートの澤田さんが開発された「ClipToEvernoteプラグイン」を紹介します。

1.機能

Movable Type 5で作成したブログ記事を公開したタイミングで、事前に指定したノートブックに自動的にクリップします。このプラグインを利用するには、以下のPerlモジュールが必要です。

  • IO::String
  • Bit::Vector
  • HTML::Parser

さくらインターネットで試したのですがBit::Vectorがインストールできなかったため、途中経過報告になります。

2.プラグインのダウンロード・インストール

githubのmt-plugin-clip-to-evernoteのページからアーカイブをダウンロードします。

githubのmt-plugin-clip-to-evernoteのページ

アーカイブを展開したpluginsフォルダ配下にあるClipToEvernoteフォルダを、Movable Typeのpluginsディレクトリにアップロードします。また、mt-static/pluginsフォルダ配下にあるClipToEvernoteフォルダを、Movable Typeのmt-static/pluginsディレクトリにアップロードします。

システム管理画面の「ツール」→「プラグイン」で、「ClipToEvernote~」が表示されればOKです。

プラグイン設定画面

3.APIキーの取得

Evernote API Overview、または「ウェブサービスAPI」のページから、APIキー取得の申請を行います。

APIキー申請

APIキーは自動的に送信されるのではなく、担当者の方が確認後送信するため、数日かかる可能性があります。

APIキー申請完了

このような感じでメールが届きます。

APIキー申請完了メール

4.APIキーの設定

システム管理画面の「ツール」→「プラグイン」→「ClipToEvernote~」→「設定」をクリックして、メールに記載されている「consumer key」と「consumer secret」を設定して「変更を保存」をクリック。

APIキーの設定

5.ブログ記事の作成

ブログ記事の作成画面を開くと、右側に「Clip to Evernote」のエリアが表示されるので、「サインイン」をクリック。冒頭のPerlモジュールが揃っていない場合はこのエリアが表示されません。

ブログ記事編集画面

サインイン画面が表示されるのでサインインします(記事投稿時点で確認できている動作はここまでです)。

サインイン画面

ということで、Evernoteを利用されている方は是非お試しください。

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)