Google Analyticsで自分のアクセスをカウントしないようにする方法

Google Analyticsで自分のアクセスをカウントしないようにする方法

Posted at January 13,2015 12:55 AM
Tag:[Analytics, Google]

Google Analyticsで自分のアクセスをカウントしないようにする方法を紹介します。

1.はじめに

Google Analyticsを設定しても、自分のアクセスをカウントさせてしまうとウェブサイトの適正なデータを取得・分析することができません。

ということで、Google Analyticsで自分のアクセスをカウントしないようにする方法を紹介します。

2.Google Analyticsで自分のアクセスをカウントしないようにする

上部のメニューから「アナリティクス設定」をクリック。

アナリティクス設定

「アカウント」欄の「すべてのフィルタ」をクリック。

アカウント

「新しいフィルタ」をクリック。

新しいフィルタ

次のようなフィルタ設定画面が開きます。

(クリックで拡大)
設定画面

フィルタ名に任意の名称を入力。ここでは「テスト」と入力します。

フィルタ名

「フィルタの種類」はデフォルトの「定義済み」を選択した状態にします。

フィルタの種類

「フィルタの種類を選択」のプルダウンから「除外」を選択。

フィルタの種類を選択

「参照元かリンク先を選択します」のプルダウンから「IPアドレスからのトラフィック」を選択。

参照元かリンク先を選択

「式を選択します」のプルダウンから「等しい」を選択。

式を選択

除外したいIPアドレスを設定します。自分が使っているIPアドレスは「」などで調べることができます。

除外したいIPアドレス

「ビューにフィルタを適用」欄から、上記の条件を適用したいサイトまたは「すべてのウェブサイトのデータ」を選択して「追加」をクリック。

ビューにフィルタを適用

選択した条件が「選択したビュー」に表示されたことを確認して、最後に「保存」をクリックすれば完了です。

保存

保存後は次のように表示されます。

保存後

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)