Analyticsで時間別の統計をとる方法

Analyticsで時間別の統計をとる方法

Posted at January 20,2015 12:55 AM
Tag:[Analytics, Google]

Analyticsで時間別の統計をとる方法を紹介します。

1.問題点

Analyticsには「ユーザー」→「サマリー」などで「時間別」にグラフを表示する機能があります。

時間別

これをクリックすると指定した期間の時間別の統計が参照できるように思われますが、実際には1日を24時間に分けた形で表示されるだけです。

(クリックで拡大)
1日を24時間に分けた形で表示

ということで、時間別の統計をとる方法を紹介します。

ここでは時間別のセッション数を例に説明を進めます。

2.時間別の統計をとる

時間別の統計をとるには、「カスタム」をクリック。

カスタム

「新しいカスタム レポート」をクリック。

新しいカスタム レポート

「タイトル」欄に任意の名称を入力。ここでは「時間別セッション数」とします。

「名前」欄

「指標グループ」の「指標を追加」をクリック。

指標を追加

「ユーザ」のツリーを開いて「セッション」をクリック。

セッション

これで「指標グループ」にセッションが追加されました。

セッションが追加

次に「ディメンションの詳細」の「ディメンションを追加」をクリック。

ディメンションを追加

「時刻」のツリーを開いて「時」をクリック。

時刻

これで「ディメンションの詳細」に時間が追加されました。

時間が追加

最後に「ビュー」欄から、対象にしたいビュー(サイト)を選択して「保存」をクリック。

ビュー

これで時間別セッション数が表示されます。

(クリックで拡大)
時間別セッション数

最初の手順の「カスタム」をクリックすれば、保存したレポートをあとで選択することができます。

カスタム

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)