TopAndroid > 2012年7月
2012年7月25日

Androidで日本語入力が激速になる「フリック入力」

July 25,2012 1:23 AM
Tag:[]
Permalink

Androidで日本語入力が激速になる(かもしれない)「フリック入力」を紹介します。

android

知らない人にとっては目から鱗なテクニックですが、知っている方にはきわめて当たり前の内容です。

ここではdocomo Xperia Acroで説明します。キーボードは「日本語テンキー」を利用します。

日本語テンキーへの切り替えは、左下の「文字あAa12」を長押しタップしたあと、ケータイアイコンをタップします(下)。

日本語テンキー

1.タップ入力

基本的な入力方法として、「う」を入力する場合「あ」を3回タップすれば入力できます。

タップ入力

2.スワイプ(ドラッグ)入力

操作回数を減らす方法として、「あ」を長押しして少し待つと、あ行の残りの候補が表示されます。これで入力したい文字の方向にドラッグ(またはスワイプ)すれば「い」~「お」が選択できます。

スワイプ(ドラッグ)入力<

3.フリック入力

そして最速の「フリック入力」とは、2項の方法で候補文字の表示を待たずに、フリックして文字を入力することです。

スクリーンショットは「あ」の部分を上方向にフリックして「う」を入力したところです(なれてくれば表示を見ることはないと思いますが)。

フリック入力

上達すれば、かなり早いスピードで日本語を入力できるようになるかもしれません。

言葉ではうまく説明できないので、実際の入力はYouTubeの動画をご覧ください。

フリック入力はiPhoneでも同じようにできます。iPhoneでは「分速386文字」の動画もみつけました。詳しくは「iPhoneで日本語入力が激速になるフリック入力(動画あり)」をご覧ください。

その他、Androidには「フラワータッチ」という機能もあるようです。

Comments [0] | Trackbacks [0]
Now loading...
Recent Entries
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3