TopGoogleGoogle Chrome > 2014年2月
2014年2月24日

Google Chromeのテキストエリアに表示される赤い波線を消す方法

February 24,2014 1:55 AM
Tag:[]
Permalink

Google Chromeのテキストエリアに表示される赤い波線を消す方法を紹介します。

赤い波線

1.問題点

Google Chromeでブログなどのテキストエリアに文字を入力すると、半角英数文字に大量の赤い波線が表示されます。

赤い波線

2.原因

原因はスペルチェック機能が有効になっているためです。

スペルチェック

以下、対処方法をいくつか紹介します。

3.テキストエリアに表示される赤い波線をすべて消す

赤い波線をすべて消す手っ取り早い方法としては、このスペルチェックを無効にする手があります。

「Google Chromeの設定」アイコン→「設定」をクリック。

Google Chromeの設定

設定画面をスクロールして、一番下にある「詳細設定を表示...」をクリック。

設定画面

さらに項目が表示されるので、「言語」→「言語と入力の設定...」をクリック。

詳細設定

デフォルトでは「スペルチェックを有効にする」にチェックが入っているみたいです。

言語と入力の設定

「スペルチェックを有効にする」のチェックをはずして「完了」をクリック。

スペルチェック

これでテキストエリアの赤い波線が表示されなくなります。

赤い波線が表示されなくなったテキストエリア

4.赤い波線を一時的に消す

もう少し調べてみたところ、スペルチェックを一時的に無効にする方法もありました。

テキストエリア上で右クリックして、「スペルチェックのオプション」→「テキストフィールドのスペルをチェック」のチェックをはずします。

(クリックで拡大)
スペルチェックのオプション

これでこのテキストエリアのみ、赤い波線が表示されなくなります。

5.辞書を追加する

3項・4項の方法では、本来行うべきスペルチェックができなくなります。

ということで、下線が表示された文字を辞書登録し、スペルチェック対象外にするという本来の対処方法も紹介します。

テキストエリア上で辞書に追加したい文字を選択。

文字を選択

右クリックして「辞書に追加」を選択。

辞書に追加

これで選択した文字が辞書に追加され、スペルチェックでOKと判断されます。

テキストエリアの表示

または2項の手順から「カスタム スペルチェック辞書」をクリック。

カスタム スペルチェック辞書

辞書一覧が開くので「新しい単語を追加」に登録したい単語を追加していきます。

新しい単語を追加

これで追加した部分については正しいスペルであれば下線が非表示になり、本来のチェックが行えるようになります。

Comments [0] | Trackbacks [0]
Now loading...
Recent Entries
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3