TopMovable Typeカスタマイズカテゴリー > 2004年12月
2004年12月13日

サブカテゴリーリストの折りたたみ

December 13,2004 1:00 AM
Tag:[]
Permalink

サイドメニューのサブカテゴリーリストの折りたたみカスタマイズをご紹介致します。

仕様

  • サブカテゴリーが存在する親カテゴリーの右側に折りたたみマークを表示します
  • 折りたたみマークは任意の文字を指定できます
  • カテゴリーのエントリーの有無には依存しません
  • 折りたたみ状態をcookieで保持します
  • カテゴリー名が折り返されても(多分)大丈夫です。

また、サイドメニューのツリー化スクリプトとの併用が可能です。以下設定方法です。
なおV3.0にサブカテゴリー折りたたみ機能を盛り込み済ですので、サイドメニューの折りたたみを既にご利用くださっている方につきましては下記の1項および6項をスキップしてください。

1.menufolder.js ダウンロード

下記のリンクをクリックするとスクリプトのページへジャンプします。そこで menufolder.js をクリックし、同じファイル名でご自身のPCに保存してください。

download

ファイルは UTF-8 で作成していますのでブログと同じ文字コードに合わせてください(よく分からない方はそのままで結構です)。

2.menufolder.js 設定変更

menufolder.js をテキストエディタ等を用いて、下記の青色行の赤色部分を本リストの通り(折りたたみマークは任意)に変更してください。

// カテゴリーリスト数計算方法
// サブカテゴリーのカテゴリー数を適正に計数する
// サブカテゴリーに対応:true
// 従来のカテゴリーに対応:false
var subCategoryCount = true;
 
       :
 
// サブカテゴリーフラグ
// サブカテゴリーの折りたたみを有効にする(テンプレート要設定)
// 有効にする:true
// 無効にする:false
var subCategory = true;
 
// サブカテゴリー用折りたたみマーク
var openMarkForSubCategories  = '';
var closeMarkForSubCategories = '';

設定内容の詳細は下記の通りです。

subCategoryCount

  • 名称:カテゴリーリスト数計算方法
  • 用途:カテゴリーリスト数計算方法を li タグ(サブカテゴリー表示)で計数するか、a タグ(従来の一括表示)で計数するかを指定します。
  • 設定値: true:li タグで計数/false:a タグで計数

subCategory

  • 名称:サブカテゴリーの折りたたみ有効フラグ
  • 用途:サブカテゴリーの折りたたみの有効/無効を設定します。ここでは有効にします。
  • 設定値: true:有効/false:無効

openMarkForSubCategories/closeMarkForSubCategories

  • 名称:サブカテゴリーの折りたたみマーク
  • 用途:サブカテゴリー名横に表示する折りたたみ用リンクのマーク
  • 設定値:任意の文字(設定したマークを''で括るように)

3.menufolder.js 配置

menufolder.js の修正が終わったら保存し、ローカル・サイト・パスに配置してください。「配置」とはレンタルサーバの場合はFTPツール等によるアップロード、自宅サーバの場合は単なるコピーを示します。

4.カテゴリーリスト表示用タグ修正

折りたたみを利用する各テンプレートの、カテゴリーリストを表示するタグを変更します。上は3.1x用の公開テンプレートからの抜粋ですので、この赤色部分を下のリストの青色部分と入れ替えてください。

<div class="sidetitle">
Categories
</div>
 
<!-- 全カテゴリー用 -->
<div class="side">
<MTCategories>
<a href="<$MTCategoryArchiveLink$>">
<$MTCategoryLabel$></a>  [<$MTCategoryCount$>]<br />
</MTCategories>
</div>
<!-- 全カテゴリー用 -->
 
<!-- サブカテゴリー用
<div class="side">
<div id="categories">
<MTSubCategories>
<MTSubCatIsFirst><ul></MTSubCatIsFirst>
<MTIfNonZero tag="MTCategoryCount">
<li><a href="<$MTCategoryArchiveLink$>" title="<$MTCategoryDescription$>"><MTCategoryLabel></a> [<$MTCategoryCount$>]
<MTElse>
<li><MTCategoryLabel>
</MTElse>
</MTIfNonZero>
<MTSubCatsRecurse max_depth="3">
</li>
<MTSubCatIsLast></ul></MTSubCatIsLast>
</MTSubCategories>
</div>
</div>
     サブカテゴリー用 -->
<div class="sidetitle">
Categories
</div>
 
<!-- サブカテゴリー用 -->
<div class="side">
<div id="categories">
<MTTopLevelCategories>
<MTSubCatIsFirst><MTHasParentCategory><div id="subcategories<MTParentCategory><$MTCategoryID$></MTParentCategory>list"></MTHasParentCategory><ul></MTSubCatIsFirst>
<MTIfNonZero tag="MTCategoryCount">
<li><MTHasSubCategories><div class="subcategories" id="subcategories<$MTCategoryID$>name"></MTHasSubCategories><a href="<$MTCategoryArchiveLink$>" title="<$MTCategoryDescription$>"><MTCategoryLabel></a> [<$MTCategoryCount$>] <MTHasSubCategories></div></MTHasSubCategories>
<MTElse>
<li><MTHasSubCategories><div class="subcategories" id="subcategories<$MTCategoryID$>name"></MTHasSubCategories><MTCategoryLabel> <MTHasSubCategories></div></MTHasSubCategories>
</MTElse>
</MTIfNonZero>
<MTSubCatsRecurse>
</li>
<MTSubCatIsLast></ul><MTHasParentCategory></div></MTHasParentCategory></MTSubCatIsLast>
</MTTopLevelCategories>
</div>
</div>
<!-- サブカテゴリー用 -->

緑色は公開テンプレートからの変更または追加部分を示しています。また

<div class="side">

の部分に折りたたみ用の id 属性を設定されている場合は、現在の設定を反映させてください。

5.JavaScript起動用スクリプト設定

折りたたみを利用する各テンプレートに、menufoleder.js の FoldNavigation を起動するスクリプトを設定します。この設定方法には 起動スクリプトの自動生成と手動設定の2通りがあります。
menufolder.js を起動する単位は親カテゴリーです。つまり、折りたたむ親カテゴリーの増減が発生するとこの起動部分も増減、つまり変更の必要が生じます。自動生成ではMTタグを用いており、折りたたみが必要な親カテゴリーの id 属性を取得し、起動スクリプトを再構築時に自動生成ます。手動設定の場合は親カテゴリー分の起動スクリプトを文字通り手動で挿入します。
普通に考えれば前者しかありえませんが、自動生成では折りたたみの初期状態を「全て開く」または「全て閉じる」のいずれかのみしか選択できない、また子カテゴリーを持つ全ての親カテゴリーに折りたたみマークが付与されるのがデメリットです。手動設定は面倒な反面、初期状態を親カテゴリー別にきめ細かく設定できます。また折りたたむ親カテゴリーを任意に選択することができます。
という訳で自動生成を行う場合は5.1を、手動設定の場合は5.2の作業を行ってください。

5.1 自動生成の場合

折りたたみを利用する各テンプレートに下記のタグを、4項で設定したタグの直下に挿入します。

<script type="text/javascript">
<!--
<MTTopLevelCategories>
<MTHasSubCategories>FoldNavigation('subcategories<$MTCategoryID$>','off',false);</MTHasSubCategories><MTHasSubCategories></MTHasSubCategories>
<MTSubCatsRecurse>
</MTTopLevelCategories>
//-->
</script>

赤色部分は5.2(2)項の initState を参照して適宜変更してください。

5.2 手動設定の場合

(1)MTCategoryID取得

まず折りたたみマークが付与される各親カテゴリーのMTCategoryIDを取得(単なるメモ)します。繰り返しになりますが5.2項を選択された場合は、サブカテゴリーをもつ親カテゴリーが増減する度に修正が必要になります。
管理メニューの「カテゴリー」をクリックしてカテゴリー名をマウスオン(またはクリック)するとステータスバー(あるいはアドレス)に

http://~/mt.cgi?__mode=view&_type=category&blog_id=1&id=n

が表示されます。このURLの最後の n がMTCategoryIDですので、カテゴリー名とMTCategoryIDの対応を(メモする等で)記録してください。
とりあえず5.1(1)をテンプレートに設定・再構築して、そのソースを取得して5.2(2)に反映させるという手もあります。

(2)JavaScript起動用スクリプト設定

折りたたみを利用する各テンプレートで、menufolder.js を起動するためのスクリプトを4項で設定したタグの直下に挿入します。まずはサンプルをご覧ください。

<script type="text/javascript">
<!--
FoldNavigation('subcategories18','on',false);
FoldNavigation('subcategories22','on',false);
FoldNavigation('subcategories24','on',false);
FoldNavigation('subcategories31','off',false);
//-->
</script>

青色は挿入部分、赤色は適宜修正します。それぞれのフォーマット、意味および設定値は下記の通りです。

FoldNavigation('idName','initState',viewListNumber);

idName

  • 名称:id属性名
  • 用途:折りたたむメニューのid属性を指定します。
  • 設定値:このスクリプトの直前のメニューのid属性名("name"または"list"を除去した形)

initState

  • 名称:初期状態
  • 用途:ページを最初に表示した時の折りたたみ状態を指定します
  • 設定値: on:開いた状態/off:閉じた状態
viewListNumber
  • 名称:リスト数表示
  • 用途:メニュータイトル横にリスト数の表示・非表示を設定します
  • 設定値: true:表示/false:非表示(本カスタマイズでは false 固定)

この例ではMTCategoryIDが18、22、24、31を折りたたむ親カテゴリーとして4行記述しています。18、22、24の3つは開いた状態、31は閉じた状態で表示されます。
折りたたむカテゴリー数は各サイトで異なりますので折りたたみが必要なカテゴリー数分を上記の例にならって記述し、5.2(1)で記録したMTCategoryIDは赤色部分に

subcategories + MTCategoryID

という文字列で設定してください(「複数形になっている」とかいうツッコミはなし)。スクリプトはこの文字列「subcategories」を判別してサブカテゴリーの折りたたみ処理を実行していますのでお間違えのないように気をつけてください。

6.menufolder.js インクルード文挿入

折りたたみを利用する各テンプレートの <head>~</head> の間に下記のタグを追加してください。charset 属性は menufolder.js の文字コードを指定してください。

<script type="text/javascript" src="<$MTBlogURL$>menufolder.js" charset="utf-8"></script>

7.スタイルシート設定

スタイルシート(styles-site.css)に下記の位置(.side #categories li の下)に、折りたたみマーク装飾用のスタイル(青色部分)を追加してください。

.side #categories li {
    margin-top: 0px;
    margin-bottom: 0px;
    list-style-type: circle;
 
.subcategories a.foldmark {
    font-size:9px; /* マークのフォントサイズ */
    text-decoration: none; /* マークの文字装飾(何も表示しない) */
}

設定はデザインに応じて適宜変更ください。

8.注意事項

・本カスタマイズを行う場合、他の折りたたみメニューで "subcategories" という id 属性は使用しないで下さい。
・カテゴリーリスト自体を折りたたむ場合、リスト数の計数を適正に行うためにカテゴリーリストの id 属性名を「category」にしてください。id 属性名を変更したい場合は、menufolder.js の下記の赤色部分を使用する id 属性名に修正してください。

if (subCategoryCount) {
    if (idName == 'category') {
        objItems = objLists.getElementsByTagName('li');
    } else {
        objItems = objLists.getElementsByTagName('a');
    }
} else {
    objItems = objLists.getElementsByTagName('a');
}

9.FAQ

Q:折りたたみマークが表示されません
A:menufolder.js 起動スクリプトの設定(5.2(2)項)が誤っている、6項が設定されていない、6項で設定したパスに menufolder.js がない、2項のサブカテゴリーフラグが true になっていない、ブログと menufolder.js の文字コードが一致していない等が考えられます。

Q:カテゴリーリストのリスト数が表示されているカテゴリー数と一致しません
A:2項の subCategoryCount および8項の2番目の内容を再度ご確認ください。

Q:折りたたみマークをクリックするとマークが変わってしまいます
A:テンプレート内のどこかで不要な menufolder.js をインクルードしています。私はこれで2日ほど悩みました(バカ)

Q:他のアーカイブページにジャンプすると折りたたみマークや表示位置が変わってしまいます
A:ジャンプしたアーカイブのテンプレートで誤った menufolder.js をインクルードしている可能性があります(これも私)。

2004.12.13 追記
カテゴリーリスト数表示の注意事項がもれてましたので、記事引用くださっている方は8項の記述も追加してやってください。また5.2(2)のリストに冗長な部分がありましたので削除致しました。

2005.03.31 追記
サイドメニューツリー化スクリプトへのリンクを文中に追加しました。

2006.04.04 追記
リストから language 属性を削除しました(HTML4.01/XHTMLで非推奨あるいは廃止されているため)。

Comments [120] | Trackbacks [40]
2004年12月 8日

サブカテゴリーと副カテゴリーでカテゴライズ

December 8,2004 1:00 AM
Tag:[, , ]
Permalink
[旧カテゴリー] 旧カテゴリーサブカテゴリー機能を用いて、手始めに Movable Type 関連のエントリーをカテゴライズしました。 これまで Movable Type に関するエントリーについては使用中のバージョンに属する形で書いていたのですが、これを大幅に見直しました。文章で書くより左の新旧画像を見て頂ければお分かりになると思います。 例えばカテゴリーリストを用いて検索を行う場合、バージョンよりも機能や操作・概念等で分類した方が明らかに都合がいいです。テンプレートを公開している割に「テンプレート」というカテゴリーがないのも何なので独立したカテゴリーにしました。まだ全部ではありませんがカスタマイズについてはカテゴリーリストから視覚的に検索できるように分類してみました。時間をかけて他のエントリーについても適正なカテゴリーに配したいと考えてます。 訪問される方にとってはテンプレート等の一部のカテゴリーを除いて、バージョンがいくつであるかはたいした問題ではないのですが、個人的には日付アーカイブとは別にどのバージョンでどのような作業を行っていたかを記録したいと考えました。 この両者の要求を実現するにはエントリータイトルにバージョンを付与する等といった力任せの作戦もありますが、今回は「副カテゴリー」を用いることにしました。
[新カテゴリー] 新カテゴリー

副カテゴリー選択Movable Type ユーザー・マニュアル:カテゴリーに書かれている通り、各エントリーは、1つの主カテゴリーと1つ以上の副カテゴリーに割り当てることができます。主カテゴリーと副カテゴリーの間に優劣はなく、アーカイブリンクに主カテゴリーが便宜上用いられます。この機能を用いることで異なるカテゴリーに同一エントリーを配することができます。
副カテゴリーの設定方法は、図のようにエントリー編集画面の「主カテゴリー」の下に

複数のカテゴリーを設定する

というリンクをクリックします。クリックすると副カテゴリー設定画面がポップアップします。左の「ウェブログのカテゴリー」から新たに加えたいカテゴリーを選択し、>> ボタンで右の「副カテゴリー」に移動させ「保存」をクリックします。保存後、さらにエントリー編集画面の「保存」をクリックすれば作業完了です。

ということで、これまでのバージョン別のカテゴリーもそのまま残すことにしました。このカテゴリーには今までと同じエントリーが含まれています。が作業をやっている途中で気がついたので、一部該当カテゴリーから削除されているものもあります(バカ)。予めご了承ください。

Comments [14] | Trackbacks [1]
Now loading...
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3