TopMovable Typeカスタマイズカテゴリー > 2008年3月
2008年3月26日

カテゴリーリストにカスタムフィールドの画像を表示する

March 26,2008 2:05 AM
Tag:[, , ]
Permalink

Movable Type のカテゴリーリストに、カスタムフィールドの画像を表示するカスタマイズです。
次のように、カテゴリー別の画像を簡単に与えることができます。

カテゴリーリストにカスタムフィールドの画像を表示

1.カスタムフィールドの作成

カテゴリーにカスタムフィールドを作成します。ここでは CategoryImage という名前のテンプレートタグにします。

カテゴリーリストにカスタムフィールドの画像を表示

2.カテゴリーに画像の追加

各カテゴリーに表示されている「Imageを選択」をクリックして、画像を追加します。

カテゴリーリストにカスタムフィールドの画像を表示

画像を選択した後、必ず保存をクリックしてください。何回か試して正常に表示されないことがあったのですが、どうも保存をクリックするのを忘れていたようです。

カテゴリーリストにカスタムフィールドの画像を表示

3.サブテンプレートの追加

冒頭のサンプルは、デフォルトテンプレートのサイドバーに下記のサブテンプレートを追加しました。階層表示でない、MTCategories タグを久しぶりに使ってみました。

青色部分がカスタムフィールド用タグです。

<mt:IfArchiveTypeEnabled archive_type="Category">
<div class="widget-archive widget-archive-category widget">
  <h3 class="widget-header">カテゴリ</h3>
  <div class="widget-content">
    <ul class="widget-list">
    <mt:Categories>
      <mt:ifNonZero tag="mt:CategoryCount">
      <li class="widget-list-item"><MTCategoryImageAsset><img src="<$MTAssetURL$>" style="vertical-align:middle" /> </MTCategoryImageAsset><a href="<$mt:CategoryArchiveLink$>"<mt:IfNonEmpty tag="mt:CategoryDescription"> title="<$mt:CategoryDescription$>"</mt:IfNonEmpty>><$mt:CategoryLabel$> (<$mt:CategoryCount$>)</a>
      <mt:else>
      <li class="widget-list-item"><MTCategoryImageAsset><img src="<$MTAssetURL$>" style="vertical-align:middle" /> </MTCategoryImageAsset><$mt:CategoryLabel$>
      </mt:ifNonZero>
      </li>
    </mt:Categories>
    </ul>
  </div>
</div>
</mt:IfArchiveTypeEnabled>

赤色部分は、画像の垂直方向の位置揃えのための style 属性です。サンプルでは img 要素に直接与えてしまっているので、適宜スタイルシートで設定するようにしてください。

Comments [2] | Trackbacks [0]
2008年3月21日

ブログ記事に同一カテゴリーのブログ記事の前後リンクを表示する

Movable Type で、ブログ記事の前後のブログ記事へのリンクを、直近のブログ記事ではなく、同一カテゴリーのブログ記事を表示するカスタマイズです。

2008.11.18 Movable Type 4.2 対応の記事を公開しました。

下の画面の、ブログ記事タイトル上にある前後リンクは、分かりにくいですが、同一カテゴリーのブログ記事です。

ブログ記事の前後のブログ記事へのリンクを同一カテゴリーに絞る

また、ブログ記事に複数カテゴリーを設定している場合は、すべてのカテゴリーの前後リンクも表示します(こんなに表示するのもどうかと思いますが...)。

ブログ記事の前後のブログ記事へのリンクを同一カテゴリーに絞る

以下、カスタマイズ方法です。

1.プラグインのダウンロード

Previous and next in category のサイトに進み、「PreviousNextInCategory」のリンクをクリック。

ブログ記事の前後のブログ記事へのリンクを同一カテゴリーに絞る

2.プラグインのインストール

ダウンロードした PreviousNextInCategory.zip を解凍して、PreviousNextInCategory.pl をpluginsディレクトリにアップロードします。
ブログ管理画面より、「システムメニュー」→「プラグイン」で「PreviousNextInCategory.pl」が表示されればインストール完了です。

ブログ記事の前後のブログ記事へのリンクを同一カテゴリーに絞る

3.プライマリカテゴリーに属するブログ記事のみを表示する場合

ブログ記事アーカイブの任意の位置に下記のサブテンプレートを設定してください。

<MTEntryPreviousInCategory>
<a href="<$MTEntryPermalink$>">« <$MTEntryTitle$></a> | 
</MTEntryPreviousInCategory>
<a href="<$MTEntryPermalink archive_type="Category"$>"><$MTEntryCategory$></a>
<MTEntryNextInCategory>
 | <a href="<$MTEntryPermalink$>"><$MTEntryTitle$> »</a>
</MTEntryNextInCategory>

ブログ記事アーカイブを再構築すれば、冒頭のように、同一カテゴリーの前後記事リンクが表示されます。

4.ブログ記事に登録されているすべてのカテゴリーに属するブログ記事を表示する場合

PreviousNextInCategory.plを任意のエディタで開き、

     :
sub _hdlr_entry_previous_in_category {
    my($ctx, $args, $cond) = @_;
    my $e = $ctx->stash('entry')
        or return $ctx->_no_entry_error('MTEntryPrevious');
    my $cat = $e->category
        or return '';
    my $prev = $e->previous(1);
     :
sub _hdlr_entry_next_in_category {
    my($ctx, $args, $cond) = @_;
    my $e = $ctx->stash('entry')
        or return $ctx->_no_entry_error('MTEntryNext');
    my $cat = $e->category
        or return '';
    my $next = $e->next(1);
     :

の部分に下記の青色の行を追加します。

     :
sub _hdlr_entry_previous_in_category {
    my($ctx, $args, $cond) = @_;
    my $e = $ctx->stash('entry')
        or return $ctx->_no_entry_error('MTEntryPrevious');
    my $cat = $e->category
        or return '';
    if($ctx->stash('category') ne '') {
        $cat = $ctx->stash('category');
    }
    my $prev = $e->previous(1);
     :
sub _hdlr_entry_next_in_category {
    my($ctx, $args, $cond) = @_;
    my $e = $ctx->stash('entry')
        or return $ctx->_no_entry_error('MTEntryNext');
    my $cat = $e->category
        or return '';
    if($ctx->stash('category') ne '') {
        $cat = $ctx->stash('category');
    }
    my $next = $e->next(1);
     :

ブログ記事アーカイブの任意の位置に下記のサブテンプレートを設定してください。

<MTEntryCategories>
<p>
<MTEntryPreviousInCategory>
<a href="<$MTEntryPermalink$>">« <$MTEntryTitle$></a> | 
</MTEntryPreviousInCategory>
<a href="<$MTCategoryArchiveLink$>"><$MTCategoryLabel$></a>
<MTEntryNextInCategory>
 | <a href="<$MTEntryPermalink$>"><$MTEntryTitle$> »</a>
</MTEntryNextInCategory>
</p>
</MTEntryCategories>

ブログ記事アーカイブを再構築すれば、ブログ記事が属する全カテゴリーの前後記事リンクが表示されます。

5.前後記事の再構築をする

上記の設定だけでは、ブログ記事投稿時に同一カテゴリーの前後記事が再構築されないという問題があります。

ということで、一応、MT4対応のプラグインを作ってみました。

PreviousNextInCategory.zip

元プラグインをかなり改変してしまったので、上記のファイルをダウンロードしたら、元プラグインにある、

_hdlr_entry_previous_in_category
_hdlr_entry_next_in_category

を埋め込んでください(複数カテゴリーに対応させる場合は4項のカスタマイズも行ってください)。
具体的な作業は、ダウンロードしたファイルの最後の方に簡単な説明を入れてますので、それを読んでください。

複数のカテゴリーを設定したブログ記事でも、前後リンクのブログ記事はすべて再構築されます。

なお、再構築は同じカテゴリーのブログ記事を検索するという、元記事のロジックをそのまま使わせてもらってますが、パフォーマンスの問題を解消する改善策がありましたらご教示ください。

6.参考記事

このエントリーは下記の記事を参考にさせていただきました。ありがとうございました。

Comments [7] | Trackbacks [2]
2008年3月20日

カテゴリーアーカイブのサブカテゴリーリストに、親カテゴリーとその子カテゴリーを表示する

Movable Type のカテゴリーアーカイブに表示しているサブカテゴリーリストにおいて、自カテゴリーと、その親カテゴリーに属するカテゴリーを表示するカスタマイズです。

具体例を説明します。例えば、ブログのカテゴリーが、

 cat1
  ├ cat1-1
  ├ cat1-2
  └ cat1-3
 cat2
  ├ cat2-1
  ├ cat2-2
  └ cat2-3
 cat3
  ├ cat3-1
  ├ cat3-2
  └ cat3-3

となっていると仮定します。

cat1-1 のカテゴリーアーカイブを表示した時、サブカテゴリーリストには、

 cat1
  ├ cat1-1
  ├ cat1-2
  └ cat1-3

のみを表示します。また、cat2-2 のカテゴリーアーカイブを表示した時、サブカテゴリーリストには、

 cat2
  ├ cat2-1
  ├ cat2-2
  └ cat2-3

のみを表示します。

1.サブカテゴリーのアーカイブで親カテゴリーとそのサブカテゴリーを表示する

次のサブテンプレートを任意の位置に設定して、再構築してください。

<MTParentCategory>
<MTSubCategories include_current="1">
<MTSubCatIsFirst><ul></MTSubCatIsFirst>
<MTIfNonZero tag="MTCategoryCount">
<li><a href="<$MTCategoryArchiveLink$>" title="<$MTCategoryDescription$>"><MTCategoryLabel></a> [<$MTCategoryCount$>]
<MTElse>
<li><MTCategoryLabel>
</MTElse>
</MTIfNonZero>
<MTSubCatsRecurse>
</li>
<MTSubCatIsLast></ul></MTSubCatIsLast>
</MTSubCategories>
</MTParentCategory>

このサブテンプレートは、親カテゴリーでは何も表示されません。親カテゴリーは、一番外側の MTParentCategory タグの実行条件にマッチしない(親カテゴリーに親カテゴリーが存在しない)ためです。

2.親カテゴリーでも同じように表示する

親カテゴリーである cat1 のカテゴリーアーカイブを表示した時、サブカテゴリーリストに

 cat1
  ├ cat1-1
  ├ cat1-2
  └ cat1-3

とする場合は、先のサブテンプレートに下記の青色部分を追加します。

<MTParentCategory>
<MTSubCategories include_current="1">
<MTSubCatIsFirst><ul></MTSubCatIsFirst>
<MTIfNonZero tag="MTCategoryCount">
<li><a href="<$MTCategoryArchiveLink$>" title="<$MTCategoryDescription$>"><MTCategoryLabel></a> [<$MTCategoryCount$>]
<MTElse>
<li><MTCategoryLabel>
</MTElse>
</MTIfNonZero>
<MTSubCatsRecurse>
</li>
<MTSubCatIsLast></ul></MTSubCatIsLast>
</MTSubCategories>
</MTParentCategory>
<MTHasNoParentCategory>
<MTSubCategories include_current="1">
<MTSubCatIsFirst><ul></MTSubCatIsFirst>
<MTIfNonZero tag="MTCategoryCount">
<li><a href="<$MTCategoryArchiveLink$>" title="<$MTCategoryDescription$>"><MTCategoryLabel></a> [<$MTCategoryCount$>]
<MTElse>
<li><MTCategoryLabel>
</MTElse>
</MTIfNonZero>
<MTSubCatsRecurse>
</li>
<MTSubCatIsLast></ul></MTSubCatIsLast>
</MTSubCategories>
</MTHasNoParentCategory>

ちなみに上記のリストでは、MTSubCategories が2ヶ所出現し、その内容は全く同じです(赤色部分)。

<MTParentCategory>
<MTSubCategories include_current="1">
<MTSubCatIsFirst><ul></MTSubCatIsFirst>
<MTIfNonZero tag="MTCategoryCount">
<li><a href="<$MTCategoryArchiveLink$>" title="<$MTCategoryDescription$>"><MTCategoryLabel></a> [<$MTCategoryCount$>]
<MTElse>
<li><MTCategoryLabel>
</MTElse>
</MTIfNonZero>
<MTSubCatsRecurse>
</li>
<MTSubCatIsLast></ul></MTSubCatIsLast>
</MTSubCategories>
</MTParentCategory>
<MTHasNoParentCategory>
<MTSubCategories include_current="1">
<MTSubCatIsFirst><ul></MTSubCatIsFirst>
<MTIfNonZero tag="MTCategoryCount">
<li><a href="<$MTCategoryArchiveLink$>" title="<$MTCategoryDescription$>"><MTCategoryLabel></a> [<$MTCategoryCount$>]
<MTElse>
<li><MTCategoryLabel>
</MTElse>
</MTIfNonZero>
<MTSubCatsRecurse>
</li>
<MTSubCatIsLast></ul></MTSubCatIsLast>
</MTSubCategories>
</MTHasNoParentCategory>

次のように MTSetVarTemplate タグを使って丸めておけば、サブテンプレートの重複したマークアップを解消できます。

<mt:setvartemplate name="subcategorylist">
<MTSubCategories include_current="1">
<MTSubCatIsFirst><ul></MTSubCatIsFirst>
<MTIfNonZero tag="MTCategoryCount">
<li><a href="<$MTCategoryArchiveLink$>" title="<$MTCategoryDescription$>"><MTCategoryLabel></a> [<$MTCategoryCount$>]
<MTElse>
<li><MTCategoryLabel>
</MTElse>
</MTIfNonZero>
<MTSubCatsRecurse>
</li>
<MTSubCatIsLast></ul></MTSubCatIsLast>
</MTSubCategories>
</mt:setvartemplate>
 
<MTParentCategory>
<mt:getvar name="subcategorylist">
</MTParentCategory>
<MTHasNoParentCategory>
<mt:getvar name="subcategorylist">
</MTHasNoParentCategory>

3.カテゴリーアーカイブ以外でこのサブテンプレートを表示させない対処

いずれの方法も、リストの一番外側は、

<MTIf name="category_archive">
  :
</MTIf>

で括っておけば、他のアーカイブで表示されずに済みます。

Comments [7] | Trackbacks [0]
Now loading...
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3