2014年にリリースしたMovable Type(MT)プラグイン一覧

2014年にリリースしたMovable Type(MT)プラグイン一覧

Posted at December 30,2014 2:55 AM
Tag:[MovableType, Plugin]

2014年に当ブログでリリースしたMovable Typeプラグインをまとめて紹介します。

2014年に作成したプラグインは合計18です。

アルファベット順に並べています。

CFDefinitionDataImExporterプラグイン

カスタムフィールド定義をCSV形式でインポートによる一括作成ができます。またエクスポート→インポートによるカスタムフィールド定義の一括修正が行えます。

エクスポート

インポート

ConfigSetterプラグイン

MTの環境変数は、通常mt-config.cgiに記載して利用しますが、システム管理画面から環境変数を設定することができます。

プグイン設定画面

CreateBlogPermissionプラグイン

MT5ユーザーが管理画面で(ウェブサイトから)ブログを新規作成するためには、下記のようにシステム管理者の「ブログの作成」権限が必要ですが、この権限設定を行わずにブログを新規作成できる権限を付与するプラグインです。

ユーザー作成画面

CSVDataImExporterプラグイン(MT4対応版)

CSVDataImExporterプラグインは記事データをCSV形式でインポート・エクスポートするためのもので、これをMT4にも対応できるようにしました。新規インストールしたMT6などへのインポート等に利用できます。

インポート画面

CustomFieldEditorプラグイン

カスタムフィールドの新規作成や編集をカスタムフィールド一覧画面から行えるようにします。

カスタムフィールド作成エリア

DateUsecプラグイン

拡張テンプレートタグのMTDateUsecファンクションタグを提供し、このタグで既存MTDateタグの出力にミリ秒またはマイクロ秒を付加します。

DeleteExifプラグイン

画像アップロード時に画像のExif情報をすべて削除します。サムネイルのExif情報も削除します。

EntryDeleterプラグイン

デフォルトの記事データ削除では、データベースからの削除以外にページの削除(公開されている場合)や環境変数RebuildAtDeleteによって関連アーカイブの再構築などが行われますが、それらの動作を行わずにデータベースからの削除のみを行います。

ImageRotatorプラグイン

アップロード後の画像を90°単位で回転させることができるプラグインです。

ImageRotatorプラグイン

ListingFieldDateFormatChangerプラグイン

記事一覧画面の「公開日」の表示をタイムスタンプ(年月日時分秒)に切り替えることができます。

ListingFieldDateFormatChangerプラグイン

PublishingPageCounterプラグイン

各ブログのダッシュボードに、テンプレート種類別のページ数および合計のページ数を出力します。

PublishingPageCounterプラグイン

PageButeCanonicalChangerプラグイン

ページ分割をしてくれるPageButeプラグインと組み合わせて利用することで、2ページ目以降のcanonical属性のURLを変更できるようになります。

RevisionDiffプラグイン

記事データ本文の最新とひとつ前の履歴の差分を表示してくれるプラグインです。

現状は記事本文のみですが、今後は他のフィールドやテンプレートも対応させる予定です。

また比較バージョンも指定可能にできればする予定です。

差分を表示

SearchDisablerプラグイン

検索対象外のウェブサイトやブログを検索しようとするとエラーを返却してくれるプラグインです。

SearchDisablerプラグイン

SiteStatsTermChangerプラグイン

MT6のダッシュボードの「サイト情報」にはMTのChart APIによるグラフが表示され、表示期間は直近の10日間になっていますが、この表示期間を60日に変更します。

サイト情報期間

SearchConditionChangerプラグイン

MTデフォルトの検索機能は、検索で指定した文字列が検索対象のフィールド(タイトル・本文など)に含まれていれば、その記事が検索結果として表示されますが、テキスト検索を部分一致から完全一致に変更するプラグインです。

厳密には提供するプラグインはサンプルで、実際の設定は利用するユーザーで行います。

TableOfContentsプラグイン

記事本文などにマークアップした見出し要素(h1~h6)から目次を作成し、指定した要素の先頭に表示します。

また、目次を表示させるためのMTTableOfContentsタグを提供します。

TableOfContentsプラグイン

TitleChangerプラグイン

MT管理画面のtitle要素のデフォルト表示では「Movable Type Pro」が表示されますが、これを別の文字列に変更することができるプラグインです。

TitleChangerプラグイン

関連記事
zenback
人気エントリー
トラックバックURL


コメントする
greeting

*必須

*必須(非表示)


ご質問のコメントの回答については、内容あるいは多忙の場合、1週間以上かかる場合があります。また、すべてのご質問にはお答えできない可能性があります。予めご了承ください。

太字イタリックアンダーラインハイパーリンク引用
[サインインしない場合はここにCAPTCHAを表示します]

コメント投稿後にScript Errorや500エラーが表示された場合は、すぐに再送信せず、ブラウザの「戻る」ボタンで一旦エントリーのページに戻り(プレビュー画面で投稿した場合は、投稿内容をマウスコピーしてからエントリーのページに戻り)、ブラウザをリロードして投稿コメントが反映されていることを確認してください。

コメント欄に(X)HTMLタグやMTタグを記述される場合、「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と入力してください。例えば「<$MTBlogURL$>」は「&lt;$MTBlogURL$&gt;」となります(全て半角文字)