Top小品文 > 2008年7月
2008年7月28日

本を出版する方法

July 28,2008 2:22 AM
Tag:[]
Permalink

ライター業とまったく縁のなかった私が、ここ1年余りで4冊のコンピュータ関連書籍と雑誌の執筆に関わることができました。

このエントリーでは、「本を出版したい」「雑誌に寄稿したい」という方のために、どのようにすれば書籍の執筆や雑誌の寄稿に携わることができるかをお伝えしておこうと思います。

ただし、あくまで経験上の話をまとめたものでしかないので、出版できることを確約するものではありません。また、私自身は Movable Type 関連書籍の執筆しかしていないので、内容はかなり偏っているかもしれません。その点は予めご容赦ください。

1.ブログで専門的な技術情報を継続的に提供する

執筆の依頼を頂いた、一番の要素はこれです。このブログで Movable Type というブログツールの記事を書き続けたことで、出版社や編集会社の方から声がかかりました。

書籍の執筆には、一般の人(=読者)が読めるための文章力が必要です。大げさかもしれませんが、依頼を受けるには、技術だけでなく文章力も問われるので、ブログはその両方が試される第一関門と言えるでしょう。言い換えると、ブログに書く文章はそのまま書籍や記事にしても大丈夫な内容の方がいいかもしれません。

また、私の文章が読みやすいかどうかは分かりませんが、エントリーでカスタマイズの手順などを細かく掲載したのも良かったのかもしれません。

ただし、執筆の話を頂くまでに、ブログを始めてから約3年弱の歳月が流れているので、出版を目指してブログを始めようという場合、それ相応の根気が必要です。

2.書籍として成り立つ技術情報を提供する

ブログで提供している情報が優れていても、出版社に利益が出ない情報では、執筆に結びつけるのは難しいかもしれません。ブログツールで例えれば、複数の種類が世に出回っているにもかかわらず、書籍として多く出版されているのは、今のところ Movable Type と WordPress のみです(1冊だけ出版されているものもあります)。

ただし、何がいつヒットするかは分からないので、コツコツと情報提供を続ける価値はあるかもしれません。個人的にはそういったこととは無関係に、自分が好きなことを書いているのであれば、その方が良いと思います。

3.コネを作る

1冊目の書籍「WEBデザインの新しいルール」の執筆の話は、突然舞い込んできたのですが、実は全く突然という訳ではありませんでした。

その話を頂くかなり前に「MOVABLETYPE PLUGINS DIRECTORY」という書籍に、当ブログの記事掲載依頼が来まして、その時、連絡を頂いた編集会社の方に「どうすれば本を書けるでしょうか」と質問をしたのがきっかけです。
たまたま連絡をした担当の方が出版について親切に教えてくださって、その時は別のブログツールの出版の話を進めていました。

残念ながらその話は途中で頓挫してしまい、さらに当時、Movable Type は3.3 が出た後で、出版業界では「MT本は(何冊も出回ってるので)出しても売れない」という状況だったらしく、MT本の執筆ができない状態だったところに「WEBデザインの新しいルール」の話を、先ほどの編集会社の方から頂きました。

記事紹介などの話がきたら、その時に問い合わせるか、あるいは出版社や編集会社に積極的に連絡してアピールするのも手かもしれません。

4.キャンセル待ち

というのは語弊がありますが、「WEBデザインの新しいルール」や「CMSとして使うMovable Type」は私が第1候補ではありませんでした。当初予定していた執筆者の方の都合がつかず、3項の編集会社の担当の方から、私に話が回ってきたのです。

他の技術書などでこのようなことがよくある話かどうかわかりませんが、このように代理の執筆者を探してでも本を出版するのは、出版社が事業計画として本を刊行しているので、事業が計画通りに進まないと赤字になるのではないかと推測されます。

そういう訳で、いつどこから話が舞い込んでくるか分かりません。

5.リピート

書いた本の売り上げがよければ、同じ出版社から声がかかる可能性がありますし、もうすぐ出版される「Movable Type パーフェクトガイド」は全く別のところから(キャンセル待ちではなく)話を頂きました。

6.執筆の稼動

「本を出版する」というのは一見華やかな印象がありますが、相当の労力を要する覚悟が必要です。執筆と校正は時間との戦いです。

本を出版した後、更新頻度が落ちてしまったのではないかというブログもいくつかあるように思われますし、執筆者の中には「(本は)もう書きたくない」という方もいらっしゃるようです。

個人の能力にもよりますが、そういった労力や結末を厭わないという気持ちは心の片隅にとどめておいた方がいいかもしれません。

そういう意味で、私にとって、ライター業を専門にしている方は尊敬に値します。

Comments [0] | Trackbacks [0]
2008年7月 9日

電車の中でノートPCを使った感想

July 9,2008 2:22 AM
Tag:[]
Permalink

MT本の執筆期間中、ノートPC(IBM ThinkPad 12.1インチ)を利用して、電車の中でもかなり筆を進めました。感覚的に60時間分くらいは電車の中で書いたと思います。

普段は車内でノートPCを扱うことはないのですが、人目をはばからずにPCを操作して感じたことを記しておきます。

1.隣に誰も座らない

一番印象に残ったのは、私の隣の席は常に最後まで空いていたことです。座れないほど混雑してくると、ようやく座る人が現れます。
PCを操作している人の隣には、皆さん座りたくないようです。

2.ディスプレイが邪魔

車内が混雑すると、ディスプレイが立っている人のカバンなどに結構あたります。背広のひらひらがディスプレイの前にかぶさってしまったこともしばしば(手で払いました)。ノートPCの前に立ったお客さんはディスプレイにあたらないようにとか、気を遣わない人が多いように感じたので、自己防衛しましょう。

3.座る位置

使い始めた当初はドアの横の端の席に座るようにしていたのですが、混雑がひどくなると、ドア付近に立っているお客さんの荷物がディスプレイにあたってしまって、作業できなくなります。
後半は、車両の連結部分に一番近い席に座るようにしました。個人的にはこの位置が一番良かったです。

4.プライバシーフィルター

私の横に座ったお客さんは当然ディスプレイが気になって覗くのですが、のぞき見防止用の「プライバシーフィルター」を装着していたので、おそらくほとんど何も見えていなかったと思います。

プライバシーフィルターは何社か調べて、視野角の一番狭い「3Mセキュリティ/プライバシーフィルター」を購入しました。12.1インチであれば、48度という、他のメーカーにない視野角の狭さです。ちょっと値段は高めですが効果抜群です。なお、両方向とも同じように見えなくなるのではなく、どちらか一方は若干効果が薄いようなので(装着する方向によります)、私は効果の高い方にお客さんが座るよう、席を確保していました。
そこまでかぶりつきで見る人もいないと思いますが。

3Mセキュリティ/プライバシーフィルター ハイグレードタイプ3Mセキュリティ/プライバシーフィルター ハイグレードタイプ

住友スリーエム
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Comments [2] | Trackbacks [0]
Now loading...
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3