TopMovable Typeカスタマイズ管理画面 > 2007年8月
2007年8月21日

Movable Type のスケジュール・タスク実行(Windows 編)

August 21,2007 1:50 AM
Tag:[, , ]
Permalink

Windows のタスク・スケジューラを利用した、Movable Type のスケジュール・タスク実行方法を紹介します。スケジュールタスクを実行することで、MT4 であれば指定日投稿・迷惑コメント(トラックバック)削除・公開キュー等のスケジュール処理が可能になります。
MT3 も同じ設定方法です(公開キューはMT4のみ)。

この設定は自宅サーバで Windows XP 等を利用している場合の設定方法です。レンタルサーバの場合は Linux 上で同様の設定を行います。

以下、設定手順です。

「スタート」→「設定」→「コントロール パネル」→「タスク」→「スケジュールされたタスクの追加」を選択。

スケジュールされたタスクの追加

タスク ウィザードで「次へ」をクリック。

タスク ウィザード1

「参照」をクリック。

タスク ウィザード2

perl プログラム(ここでは C:¥usr¥bin¥perl.exe)を選択して「開く」をクリック。拡張子を表示しない設定の場合は「perl」を選択。

perl選択

日単位を選択して「次へ」をクリック。

タスク ウィザード3

開始時刻を設定し、このタスクの実行から「毎日」を選択して「次へ」をクリック。

タスク ウィザード4

表示されたユーザーのパスワードを設定して「次へ」をクリック。

タスク ウィザード5

「[完了]をクリックしたときに詳細プロパティを開く」をチェックして、「完了」をクリック。

詳細プロパティ

ここからの設定が重要です。開いたプロパティ画面で

  • 実行するファイル名:C:¥usr¥bin¥perl tools¥run-periodic-tasks
  • 開始:アプリケーション・ディレクトリのパス(例はC:¥web¥mt)に書き換える

を設定し、「OK」をクリック。実行するファイル名の tools¥run-periodic-tasks の前には半角空白を入れてください。「開始」のアプリケーション・ディレクトリとは、mt.cgi があるディレクトリです。

とりあえずこれで「OK」をクリックすれば設定完了です。
ただしこのままでは日に1回しか実行されないので、実行周期を短くする場合は「スケジュール」タブの詳細設定をクリック。

オプションの詳細設定で「タスクを繰り返し実行」で間隔を設定します。継続時間は間隔より長く設定してください。
スケジュールを変更するとパスワードの設定が求められる場合があります。

オプションの詳細設定

作成したタスクは最初の「スタート」→「設定」→「コントロール パネル」→「タスク」→「XX」で起動することができます。

オプションの詳細設定

Comments [0] | Trackbacks [2]
Now loading...
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3