TopPC > 2005年3月
2005年3月20日

Gateway707JP 購入

March 20,2005 11:59 PM
Tag:[, , , ]
Permalink

自宅サーバはOS:Windows2000/CPU:Pen? 2.8GHz/メモリ:512MB/ハードディスク40GBという、まあまあのスペックですが、諸事情でカスタマイズ用の作業マシンは5年ほど前に購入したCompaq Presario 3st224(CPU:Celeron 663MHz/メモリ256MB等)というものを使っておりました。

ウェブサイト閲覧くらいなら問題ないにしても、Movable Type の再構築時間等を行うとレスポンスが悪く、結構ストレスかかります。ポップアップもサクッと開かなかったり。

その話とは別に、「BTX」という規格を昨年末辺りに某雑誌で知り、かなり気になっていました。

BTX(Balanced Technology eXtended)とは、Intel社が2003年秋に発表したPC/AT互換機用のマザーボードのフォームファクタで、現在の主流であるATXの後継規格と言われています。

BTXの大きな特徴は、パーツの配置変更による効率的な冷却、つまり発熱対策です。ATXでは発熱の多い個々のパーツにファンを装着する必要があったのですが、BTXでは部品全体が平行に並ぶようにCPUや拡張スロット等の配置を変更しています。これでケース前後に大型のファンを装着するだけでケース内の空気の流れがスムーズになるという訳です。

で「次にPCを購入するならこの規格かな」と思っていたら、Gateway よりBTX規格のデスクトップが早々に登場しました。最初 705JP が登場、その後ドライブがDVDスーパーマルチになった 707JP が1万円高で登場。

先に述べた精神衛生上良くない環境も後押ししてくれて、無駄遣いと思いつつ購入しました。

Gateway 707JP
Gateway 707JP
posted with amazlet at 05.03.21
Gateway (2005/01/25)
在庫切れ
おすすめ度の平均: 5
5 Gateway 707JP

スペックは CPU:Pen4 550(3.4GHz)/メモリ:1024MB DDR/ハードディスク:250GB/ドライブ:スーパーマルチDVD±R/RW/OS:Windows XPと、目的から考えると過剰スペックですが、他機種と比較したところコストパフォーマンス的にもかなり優れているようです。

また気になるBTX効果については「PCのファンは通常より40パーセント遅い速度で回転するので放熱性と静音性に優れている」とのこと。

ちなみに立ち上げたところ最初だけファンが唸りますが、すぐに回転数が落ちて静かに回ってくれてます。

一度日本から撤退した実績のある Gateway なのでサポートがやや心配なところですが、ひとまず快適なPC環境を得られたといったところです。

ちなみに購入したのは2月ですがエントリーがのびのびになってしまいました。

このマシンで数年耐えてくれることを期待しています。

Comments [0] | Trackbacks [0]
2005年3月 2日

3Dウェブ検索実験新サービス

March 2,2005 11:59 PM
Tag:[, , , , ]
Permalink
3Dウェブ検索実験新サービス以前ユーザ登録していた「3Dウェブ検索実験新サービス」よりメールが届きました。
この実験は、NTTレゾナントとNTT情報流通プラットフォーム研究所(以下、NTT研究所)が2003年10月7日より2004年3月31日(延長で2005年3月31日まで)まで共同で実施しているもので、目的はNTT研究所が開発した「InfoLead(総覧型3Dウェブ検索サービス)」の商用環境での利用検証評価です。これはNTTレゾナントが運営するポータルサイト「goo」との連携により共同で行われています。*1

今回は3Dウェブ検索用ブラウザ「FieldExplorer」のバージョンアップのお知らせでした。バージョンアップの内容は

  • マルチメディア検索
  • シームレス(クリック不要な)検索が可能
  • 検索結果ページをInternetExplorerのお気に入りに追加したり、お気に入りを3Dウェブ検索で参照が可能

ということです。
これまでは FieldExplorer を利用するために一旦ユーザ登録をしなければならなかったのですが、今回のバージョンアップでユーザ登録不要になりました。

このブラウザの特徴は、左上イメージのように検索結果が縮小画像で表示されるところ。検索結果はコントロールパレットというものを使って行い、かなり直感的に操作できるように工夫されています。表示された画像のレイアウトは何パターンからか選べるようになっており、表示結果を眺めながら操作するだけでも結構楽しめます。
欲を言えば画像がもう少し鮮明に見えてほしいこと、またハイスペックなマシンでないと動作がやや厳しいというのが難点ですが、これまでにない画期的なブラウザかと。なかなかお勧めの一品です。

ダウンロードは、先のリンクから進むか、FieldExplorerのダウンロードからダウンロードできます。インストールは簡単にできましたが、デスクトップのショートカットやスタートメニューの設定が正常にできませんでした(私だけ?)。デフォルトでインストールすれば

C:\Program Files\InfoLead\FieldExplorer\fexplore.exe(またはfexplore)

が実行ファイルなので、これをクリックすればブラウザが開きます。

基本的な検索操作は、左上にあるテキストボックスに検索文字列を設定して、その右にある「ウェブ」をクリックすると検索結果が表示されます。実際に操作をする「コントロールパレット」という画面は「表示」→「コントロールパレット表示」で表示されます。「近づく」「遠ざかる」等で検索結果をスクロールします。

*1:gooラボ・3Dウェブ検索実験についてより引用

Comments [1] | Trackbacks [0]
Now loading...
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3