TopPC > 2006年2月
2006年2月15日

Google・Yahoo等の検索エンジンのキャッシュを利用する

February 15,2006 11:53 PM
Tag:[]
Permalink

Google や Yahoo の検索エンジンのキャッシュを利用されている方は少なくないと思います。サイトのレスポンスが遅い場合、あるいはサーバがダウンしている場合に、検索結果の右下にある「キャッシュ」というリンクをクリックすると、元サイトへジャンプする代わりに検索エンジンで保存されているページ(キャッシュ)が表示されます。また検索文字列がハイライト表示されるので、目的の情報を探しやすいという視覚的な利点もあります。

キャッシュは、そのページが検索エンジンにクロールされた時点のものが一定期間(数週間)保存されます。本来の役割は、

該当のページのサーバーがダウンした場合でも、ページの内容が見られるように多数のウェブページをクロールの時点で保存しています。(Googleの「キャッシュ」より引用)

ですが、その目的とは別に、デッドリンクになっている場合のページ検索や消失したデータのバックアップにも利用することが可能です。
よくある(?)のが「Movable Type のバックアップがなくなった!」というケースです。もしサイトURLを検索エンジンに登録されているのであれば、このキャッシュをひたすら追いかけていけば、ある程度のリカバリーは可能と思われます。

元記事がみつからない場合の検索さて、検索結果が表示される場合は表示された検索結果一覧から「キャッシュ」をクリックすればよいのですが、元記事が存在しない場合は検索結果さえ表示されなくなります。
このような場合は、URL(http://~/)をキーワード入力欄に入力します。Google の場合、もし該当サイトのキャッシュが残っていれば、左のようなページが表示されますので、その中の「キャッシュ」をクリックすれば表示されます(スクリーンショットは当サイトの旧URLを入力してみたものです)。
URLが分からない場合は関連記事から検索を始めましょう。目的のURLに対するリンクが貼られているかもしれません。

キャッシュは閲覧側からすると便利な機能ですが、サイト運営側からすると誤って公開してしまった情報が残ったり、すぐに削除できない等、好ましくないケースもあるようです。キャッシュ残存の妥当性は別として、検索エンジンにキャッシュを表示させたくない場合・削除したい場合等は、運営側から積極的にキャッシュを検索エンジンから削除する措置が必要なようです。

以下、関連記事です。

Comments [0] | Trackbacks [0]
Now loading...
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3