TopThunderbird > 2010年12月
2010年12月 2日

Thunderbird 3の起動が重い不具合を解消する

December 2,2010 12:03 AM
Tag:[, ]
Permalink

Thunderbird 3の起動が重い不具合を解消する方法を紹介します。

1.問題点

会社で使っているThunderbird 3の起動が異様に重くなり、起動して数分間はメール画面がフリーズするという状態がずっと続いていました。

これではあまりに不便なので調べたところ、プロファイルフォルダの中にある、グローバル検索用インデックスglobal-messages-db.sqliteのサイズが増大しているのが原因のようでした。

global-messages-db.sqliteは、Windowsであれば以下のフォルダにあります。

C:¥Documents and Settings¥[ユーザ名]¥Application Data¥Thunderbird¥Profiles¥[プロファイル].default

フォルダを見るとglobal-messages-db.sqliteのファイルサイズが1.3GBもありました(下)。

フォルダ(対処前)

2.対処方法

まず、グローバル検索を無効にします。具体的には、Thunderbird 3の「ツール」→「オプション」で開いたダイアログの「詳細」→「一般」タブにある、「グローバル検索と索引データベースを有効にする」のチェックを外し、「OK」をクリックします。

オプション

上の画面はXPで、Thunderbirdのバージョンがちょっと古いかもしれません。Vista&新しいバージョンでは次の画面になります。

オプション

次にThunderbird 3を終了し、さきほどのglobal-messages-db.sqliteを削除します。これで対処完了です。

3.グローバル検索とは

Thunderbird 3で追加された、高機能な全文検索です。ただしこの機能を利用するにはインデックスを作成する必要があり、インデックスの作成に時間がかかるようです。

4.対処後の動作

対処後、Thunderbird 3起動したところ驚くほど軽くなり、メールもすぐに見れるようになりました。

Thunderbird 3を起動すればglobal-messages-db.sqliteは再び生成されますが、サイズは40KBほどに縮小されます(下)。

フォルダ(対処後)

グローバル検索のチェックを外すと、グローバル検索用のエリアが非表示になります。

対処前
グローバル検索用のエリア(対処前)

対処後
グローバル検索用のエリア(対処後)

グローバル検索エリア(があった)右下にある虫メガネのアイコンをクリックすれば、前バージョンのような件名や差出人などの絞り込みを行う検索フィールドが表示されます。

グローバル検索用のエリア(対処後)

5.その他

そもそもglobal-messages-db.sqliteのファイルサイズが肥大化していたのは、受信トレイにメールを蓄積し過ぎていたせいかもしれないので、今回の対処を行う以前に、フォルダの振り分けや最適化を行っていましたが、global-messages-db.sqliteがいつの時点で肥大化したかは不明です。

6.参考サイト

参考サイトは以下です。ありがとうございました。

blog@browncat.org - Thunderbird3があまりに重いのでグローバル検索を止めて高速化するメモ
Comments [0] | Trackbacks [1]
Now loading...
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3