TopMovable Typeプラグイン自作プラグイン > 2011年12月
2011年12月24日

Movable Type5.1で管理画面の検索結果にカスタムフィールドを表示する「SearchResultsCFListingプラグイン」

Movable Type5.1で管理画面の検索結果の表示項目を追加する「SearchResultsCFListingプラグイン」を公開します。

1.機能

管理画面のブログ記事検索結果項目に、カスタムフィールドおよびキーワード・タグを表示します。

プラグイン適用前の検索結果画面
プラグイン適用前の検索結果画面

プラグイン適用後の検索結果画面(タグ・カスタムフィールドを表示)
プラグイン適用後の検索結果画面

このプラグインはMT5.12で動作確認しています。

2.価格

  • 個人無償版/有償版での非商用利用/Movable Type Open Source:無償
  • 有償版での商用利用:1050円/1サーバ(事前に動作確認してください)

無償でご利用の場合も、プラグインのご利用についてご支援・ご賛同くださる方からの寄付をお待ち申し上げます。

3.プラグインのダウンロード

下記のリンクをクリックして、プラグインアーカイブをダウンロードします。

SearchResultsCFListing_0_01.zip

プラグインアーカイブを展開し、pluginsディレクトリにあるSearchResultsCFListingフォルダごと、Movable Typeのアプリケーションディレクトリのpluginsディレクトリにアップロードします。

システム管理画面の「ツール」→「プラグイン」をクリックし、プラグイン設定画面で「SearchResultsCFListing~」が表示されればインストール完了です。

プラグイン設定画面

4.プラグインの設定

ブログの「ツール」→「プラグイン」→「SearchResultsCFListing~」→「設定」をクリックして、必要な項目をチェックしてください。

プラグイン設定画面

5.注意事項

カスタムフィールドを表示する場合、登録しているカスタムフィールド(画像/アイテム/オーディオ/ビデオを除く)がすべて表示されます。

また、プラグインを有効にした場合、表示項目が多くなったときに「ブログ記事の編集」というテキストリンクのスタイルが崩れるのを防ぐため、「ブログ記事の編集」のテキストリンクは80px固定表示になります。

Comments [0] | Trackbacks [0]
2011年12月20日

Movable Type5.0のリスト画面をカスタムフィールドの値で絞り込める「AddCFQuickFilterプラグイン」

Movable Type5.0のブログ記事一覧などのリスト画面をカスタムフィールドの値で絞り込める「AddCFQuickFilterプラグイン」を公開します。

1.機能

Movable Type5.0の記事一覧画面の「絞込み」に、カスタムフィールドの項目を表示します。

カスタムフィールドの項目を表示

表示するタイプは「テキスト」「ラジオボタン」「セレクトボックス」の3種類です。「テキスト」の場合は、条件を入力するテキストフィールドを表示します。

テキストフィールドを表示

「ラジオボタン」「セレクトボックス」の場合はオプションを表示します。

オプションを表示

こんな感じで絞り込めます。

絞り込み

動作確認はMT5.06で行っています。今のところMT5.06以下のバージョンでは動作保障していませんので注意してください。

2.価格

  • 非商用利用:無償
  • 商用利用:1050円/1サーバ(購入前に必ず動作確認してください)

非商用利用でご利用の場合も、プラグインのご利用および質問に対する回答等について、ご支援・ご賛同くださる方からの寄付をお待ち申し上げます。

3.プラグインのダウンロード

下記のリンクをクリックして、プラグインアーカイブをダウンロードします。

AddCFQuickFilter_0_01.zip

プラグインアーカイブを展開し、pluginsディレクトリにあるAddCFQuickFilterフォルダごと、Movable Typeのアプリケーションディレクトリのpluginsディレクトリにアップロードします。

また、プラグインファイルに含まれるlib/MT/CMS/Entry.pmを、Movable Typeのアプリケーションディレクトリのlib/MT/CMS/Entry.pmと差し替えてください(元のEntry.pmはリネームして必ず保存してください)。

システム管理画面のプラグイン設定画面で、「AddCFQuickFilter~」が表示されればインストール完了です。

プラグイン設定画面

Entry.pmは740~750行目に該当の処理を追加しています。既存の処理を使えそうなのですが、正常な動作確認が行えていないため、このような方式にさせて頂いてます。

Comments [7] | Trackbacks [0]
2011年12月 2日

Movable Typeでブログ記事投稿ユーザーの情報を取得するEntryAuthorDataプラグイン

Movable Typeでブログ記事投稿ユーザーの情報を出力するための「EntryAuthorDataプラグイン」を公開します。

1.機能

このプラグインは、ブログ記事に投稿したユーザー情報を取得するためのMTEntryAuthorDataブロックタグを提供します。

例えば、次のようにMTEntriesタグを使ったブログ記事コンテキストやブログ記事ページの中でMTEntryAuthorDataタグを記述します。MTEntryAuthorDataタグブロック内ではMTAuthorxxファンクションタグを使ってブログ記事投稿者の情報を取得することができます。

<mt:Entries>
  <mt:EntryAuthorData>
    <$mt:AuthorBasename$>
  </mt:EntryAuthorData>
</mt:Entries>

なお、デフォルト機能を使った次のサブテンプレートでも同様の機能が実現可能ですが、直感的に使えるようなテンプレートタグという意味で作ってみました。

<mt:Entries>
  <$mt:EntryAuthorDisplayName setvar="name"$>
  <mt:Authors display_name="$name">
    <$mt:AuthorBasename$>
  </mt:Authors>
</mt:Entries>

このプラグインは以下のMTQフォーラムの質問・回答より着想を得たものです。

MTQフォーラム - 「ブログ記事」で<$mt:AuthorBasename$>を

本当はMTEntryAuthorというブロックタグ名が適切なのですが、デフォルトで同名のファンクションタグが存在するため、MTEntryAuthorDataとしました。

2.プラグインのダウンロード

下記のリンクをクリックして、プラグインアーカイブをダウンロードします。

修正履歴

2011/12/02 初版
EntryAuthorData_0_01.zip

プラグインアーカイブを展開し、中にあるEntryAuthorDataフォルダごと、Movable Type のアプリケーションディレクトリのpluginsディレクトリにアップロードします。

システム管理画面のプラグイン設定画面で、「EntryAuthorData~」が表示されればインストール完了です。

プラグイン設定画面

Comments [0] | Trackbacks [0]
Now loading...
ギターに入った猫
IT転職は【Green】Web/インターネット業界の求人に強い転職サイト グリーン
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

Categories
Monthly Archives
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 5.12