TopMovable Typeテンプレート > 2004年7月
2004年7月24日

テンプレート用クレジットバナー作成

July 24,2004 1:57 AM
Tag:[]
Permalink

テンプレート用クレジットバナーテンプレートのクレジット(新聞・書物・写真などに明記する著作権者・原作者などの名前)用バナーを臆面もなく作ってみました。イメージに何を使うか随分悩んだのですが、左側の猫の画像をトリミングして配置してみました。いまひとつ分かりづらいのですが個人的には気に入っているので「とりあえず版」ということで。

ということでテンプレートご利用の方、お使い頂ければ幸いです。というかテキストでクレジットを表示下さっている時点ですでに感謝感激です。

Comments [11] | Trackbacks [1]
2004年7月20日

3.0D テンプレート修正

July 20,2004 12:24 AM
Tag:[]
Permalink

公開中のテンプレートを修正しました。コメントのテキストエリア不具合の修正です。詳細は下記のエントリーに追記してますのでそちらを参照ください(書いている内容はどちらも同じです)。

補足しておきますと、3カラムのセンター部分の各エントリーの下にある「Comments」をクリックした時に画面がポップアップする場合は問題ありませんが、サイドバーの個別エントリーをクリックして同一画面に表示した場合にこの問題が発生します。
気がつかなくて申し訳ありません。

Comments [0] | Trackbacks [0]
2004年7月18日

3.0D 個別アーカイブテンプレート(同一ウィンドウ用)

July 18,2004 3:20 AM
Tag:[]
Permalink

先に公開していたテンプレートはコメント・トラックバックのリンクをクリックした時別ウィンドウで開くようになっています。同一ウィンドウで開きたい場合は以下の手順でテンプレートを修正してください。

まず個別アーカイブ用テンプレートを下のいずれか(通常版/3カラム版)に変更してください。後の手順にある修正を行うことで、エントリー下にあるコメント・トラックバックのリンクをクリックした時にこのテンプレートが同一ウィンドウで表示されます(このテンプレートはサイドバーメニューのエントリーをクリックすると使われてたものです)。変更点はエントリーの下にトラックバックURLが表示されることです。なお3カラム表示の方はコメントを入力するとテキストエリアが横に広がってしまうという状態です(書き込み自体は問題ないようです)ので予めご了承ください。

2004.07.20 追記
テキストエリアの不具合を修正したテンプレートに変更しました(テキストエリアは固定長になります)。なおスタイルシートの下記の部分も併せて修正してください。こちらのスタイルシートも修正したものに更新してあります。

styles-site.css

textareaの指定を削除
textarea {
  width: 97% ;
}
.blogbodyおよび.comments-bodyの後方に以下をそれぞれ追加
.blogbody textarea {
  width: 97% ;
}
.comments-body textarea {
  width:266px;
}

Individual Entry Archive(通常版)

Individual Entry Archive(3カラム版)

次に各テンプレート(Main Index/Category Archive/Date-Based Archive)の以下の部分を変更してください。これでコメントやトラックバックのリンクをクリックすると上の個別アーカイブにジャンプします。

変更前

<MTEntryIfAllowComments>
| <a href="<$MTCGIPath$><$MTCommentScript$>?entry_id=<$MTEntryID$>" onclick="OpenComments(this.href); return false">Comment</a> [<$MTEntryCommentCount$>]
</MTEntryIfAllowComments>
<MTEntryIfAllowPings>
| <a href="<$MTCGIPath$><$MTTrackbackScript$>?__mode=view&entry_id=<$MTEntryID$>" onclick="OpenTrackback(this.href); return false">Trackback</a> [<$MTEntryTrackbackCount$>]
</MTEntryIfAllowPings>

変更後

<MTEntryIfAllowComments>
| <a href="<$MTEntryPermalink$>#comments">
Comment</a> [<$MTEntryCommentCount$>]
</MTEntryIfAllowComments>
<MTEntryIfAllowPings>
| <a href="<$MTEntryPermalink$>#trackbacks">
Trackback</a> [<$MTEntryTrackbackCount$>]
</MTEntryIfAllowPings>

2004.09.16追記
「最近のコメント」のアンカー修正を盛り込みました。

2004.10.15追記
3カラム用の表示順序を「中央→右→左」から「中央→左→右」に変更しました。

Comments [4] | Trackbacks [0]
2004年7月17日

3カラム用テンプレート(その他)

July 17,2004 12:57 AM
Tag:[]
Permalink
現在使用中3.0D のコメント・トラックバック関連のテンプレートです。とりあえず3種類公開しておきます。

コメント・リスト

コメント・プレビュー

トラックバック・リスト
| Trackbacks [1]
2004年7月 2日

Movable Typeでプロフィールのページを作る方法

July 2,2004 11:35 PM
Tag:[, , , ]
Permalink

この記事は Movable Type 3.1x 用ですので、Movable Type 3.2-ja 以降をお使いの方はプロフィールのページを作る(3.2-ja?用)へどうぞ。


サイドバーメニューのタイトル「Introduction」を新たに作成しサブメニューとしてプロフィールを追加しました(中身ありませんが)。ということで「プロフィール」用テンプレートの設定およびメニューへの追加方法を記しておきます。同様の手法で「このサイトについて」や「注意事項」のページを作ることができます。
追加方法のひとつに、「プロフィール」というカテゴリーを作り、そのカテゴリーのエントリーとしてプロフィールのコンテンツを記述、そのカテゴリだけを抽出してプロフィールのページを表示するという手段があるようですが、カテゴリーメニューや最近のエントリーに含まれてしまうので、逆にそれらから除外する設定が必要となるためやや面倒です。
ということで、ここではテンプレートに直接コンテンツを記述する方法で説明します(妥当な手法であるかどうかは定かでありません)。

1.新しいテンプレートの作成

Movable Type 管理画面左メニューより「テンプレート」をクリック。右側上に表示されている「新しいインデックス・テンプレートを作る」をクリック。

2.テンプレート設定

次に表示されたページで次の各項目を設定します。

  • テンプレートの名前:Profile Index(任意の名前)
  • 出力ファイル名:about.html(任意の名前)
  • 「インデックス・テンプレートを?(中略)?再構築する」をチェック
  • このテンプレートにリンクするファイル:何も設定しない
  • テンプレートの中身:ここではCategory Archiveの内容をそのままコピー下記の2004.10.29 追記のリストの内容をコピーしてください。なおサイドバーの内容については適宜必要なものを他のテンプレートからコピーしてください(注意事項がありますので先の追記欄を併せてご確認ください)

3.テンプレートより不要なタグを削除

プロフィールをカテゴリーやエントリーとして登録しないので、上記のテンプレートをコピーしただけでは再構築時にエラーとなります。そのため「テンプレートの中身」欄にコピーしたテンプレートより下記のタグを削除します。終了タグがある場合はそちらも併せて削除。

  • MTArchiveTitle(タイトル)
  • MTEntries(エントリー)
  • MTDateHeader(日付)
  • MTEntryXXX(個別エントリー:XXXは任意の文字列)

2004.10.29 追記
下記に本サイトの「プロフィール」を元にしたサンプルを置いておきます。本サイトで公開中のスタイルシート利用が前提です。サイズ可変の場合は赤色部分を削除してください。
うまく動作しないようでしたらすいませんがご連絡ください。:サイドバーのメニューに、カテゴリー・アーカイブや日別アーカイブにある「The list of ?」のメニューを挿入しないでください(ここには上記のMTArchiveTitleが含まれているので再構築時にエラーとなります)。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
 
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=<$MTPublishCharset$>" />
 
<title><$MTBlogName$>: プロフィール</title>
 
<link rel="stylesheet" href="<$MTBlogURL$>styles-site.css" type="text/css" />
<link rel="alternate" type="application/rss+xml" title="RSS" href="<$MTBlogURL$>index.rdf" />
 
</head>
 
<body>
 
<div id="box">
 
<div id="banner">
<h1><a href="<$MTBlogURL$>" accesskey="1"><$MTBlogName$></a></h1>
<h2><$MTBlogDescription$></h2>
</div>
 
<!-- 左サイドバーここから -->
 
省略(適宜必要なメニューを挿入してください)
 
<!-- 左サイドバーここまで -->
 
<div id="content">
 
<div class="blog">
 
<h2 class="date">プロフィール</h2>
 
<div class="blogbody">
<h3 class="title">●名前</h3>
yujiro
</div>
 
<div class="blogbody">
<h3 class="title">●性別</h3>
男
</div>
 
<div class="blogbody">
<h3 class="title">●さらに詳しく</h3>
</div>
 
</div>
 
</div>
 
<!-- 右サイドバーここから -->
 
省略(適宜必要なメニューを挿入してください)
 
<!-- 右サイドバーここまで -->
 
<br clear="all" />
 
</div>
 
</body>
</html>

4.テンプレートにコンテンツ記述

修正したテンプレートの本文に該当する部分にプロフィールを直接書き込みます。入力後このテンプレートを保存して再構築します。

5.サイドバーメニューにリンク設定

Main Index等のサイドバーメニューに下記の部分を追加します。フォーマットは各自のメニューのフォーマットに合わせてください。追加後保存して再構築します。

<div class="side">
<a href="<$MTBlogURL$>about.html">プロフィール</a><br />
</div>

2004.11.18 追記
サイドメニューにカテゴリー・アーカイブや日別アーカイブにある「The list of ?」のメニューを挿入しない注意書きを追記。

2004.11.29 追記
作業手順の「Category Archiveの内容をそのままコピー」は適切な表現でないため、提示のリストを使用するよう記述を変更致しました。

2005.03.12 追記
テンプレートの配置が可変3カラム専用でしたので固定3カラムに対応できるよう変更致しました。

2005.12.30 追記
3.2-ja 用記事へのリンクを追加しました。

Comments [49] | Trackbacks [27]
Now loading...
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3