TopofficeExcel > 2014年5月
2014年5月28日

Excelのセルの高さを546ピクセル以上ひろげる方法

May 28,2014 1:33 AM
Tag:[]
Permalink

Excelのセルの高さを546ピクセル以上ひろげる方法を紹介します。

このエントリーはExcelビギナーの方向けの内容です。

1.はじめに

Excelの行(セル)の高さには制限があり、最大546ピクセル(409ポイント)です。

レジストリで変更できないか?とか色々調べましたが、高さを546ピクセル以上ひろげることはできないようです。

が、場合によってはこれより行の高さをひろげて使いたい場合もあると思います。

2.Excelのセルの高さを拡げる

すでにお分かりの方も多いと思いますが、1つのセルではこれ以上拡げられないので2つ、または2つ以上のセルを結合することで、見かけ上546ピクセル以上を表示できるようにします。

セルを結合するには、結合したいセルを選択します。

「ホーム」タブにある「セルを結合して中央揃え」をクリックするか、「セルを結合して中央揃え」の右側にある▼をクリックして「セルの結合」をクリック。

これでセルが結合されます。

あとはセルの高さを拡げれば、結合したセルの高さを546ピクセル以上にすることができます。

3.複数のセルをまとめて結合する

同じ行でマージしたい列が複数ある場合、2項の作業を繰り返すのは効率がよくありません。

複数のセルをまとめてマージするには、マージしたセルの右下をポイントして(カーソルが十字に変わります)右方向にドラッグするだけです。

ここではE列までドラッグしてみます。

ドラッグを止めるとオートフィルオプションのマークが表示されるので、「セルのコピー」を選択してクリック(このオプションは任意のセルを文字入力状態にすると消えます)。

これで複数のセルをまとめてマージできました。

その他、結合したセルをコピーして複数のセルを選択してペーストしてもまとめて結合できます。

4.参考サイト

参考サイトは以下です。ありがとうございました。

Excelの行の高さと列の幅の制限
Comments [0] | Trackbacks [0]
2014年5月19日

Excelに入力したURLやメールアドレスをリンクにしない方法

May 19,2014 12:55 AM
Tag:[]
Permalink

Excelに入力したURLやメールアドレスをリンクにしない方法を紹介します。

1.はじめに

ExcelのセルにメールアドレスやURLを設定すると自動的にリンクになってしまいます。

例として、任意のURLを入力します。

URLを入力

リターンすると自動的にリンクに変換されます。

リターンすると自動的にリンクに変換

また、メールアドレスを入力します。

メールアドレスを入力

リターンすると自動的にリンクに変換されます。

リターンすると自動的にリンクに変換

リンクを解除するには、リンクが設定されたあとCtrl-zを押下すればいいのですが、デフォルトでリンクにしないようにする方法が分かりません。

ということで、メールアドレスやURLにリンクを作らない方法を紹介します。

2.メールアドレスやURLにリンクを作らない方法

「ファイル」タブの「オプション」をクリック。

「ファイル」タブ

「文章校正」をクリック。

オプション

「オートコレクトのオプション」をクリック。

文章校正

「入力オートフォーマット」タブをクリック。

オートコレクトのオプション

「インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する」のチェックをはずして「OK」をクリック。元の画面も「OK」で閉じます。

入力オートフォーマット

これでURLやメールアドレスを入力してもリンクにならなくなります。

リターンしてもリンクに変換しない

Comments [0] | Trackbacks [0]
2014年5月 2日

Excelでセルの中にグラフを表示する方法のまとめ

May 2,2014 2:22 AM
Tag:[]
Permalink

Excelでセルの中にグラフを表示する方法のまとめです。

ここでは次の2種類のグラフ表示について説明します。

セルの数字に対応するグラフを同じセルに表示
セルの数字に対応するグラフを同じセルに表示

複数のセルの対応するグラフを別のセルに表示
複数のセルの対応するグラフを別のセルに表示

1.セルの数字に対応するグラフを同じセルに表示

B2セル~B11セルに設定された数値をグラフにします。

B2セル~B11セルに設定された数値

まず、B2セル~B11セルを選択した状態にします。

セルを選択

「ホーム」タブをクリック。

「ホーム」タブ

「条件付き書式」→「データバー」→「塗りつぶし(グラデーション)」から好きな色を選択。

条件付き書式

これでセルにグラフが表示されました。

セルにグラフ表示

条件付き書式には他にもさまざまな表示方法があります。たとえば「条件付き書式」→「アイコンセット」→「方向」から好きなパターンを選択。

アイコンセット

これでセルに矢印が表示されます。

セルに矢印表示

グラフを取り消すには、「条件付き書式」→「ルールのクリア」から「選択したセルからルールをクリア」または「シート全体からルールをクリア」のどちらかを選択します。

グラフの取り消し

その他、きめ細かいルール設定などで表示方法を変更することができます。

2.複数のセルの対応するグラフを別のセルに表示

1項で使ったB2セル~B11セルに設定された数値を別のセルにグラフとして表示します。

まず、B2セル~B11セルを選択した状態にします(あとで選択しても構いません)。

セルを選択

「挿入」タブをクリック。

「挿入」タブ

「スパークライン」→「縦棒」をクリック。

スパークライン

スパークラインの作成画面が表示されるので、データの範囲を指定します。グラフの元データは選択されているので、ここではグラフ(以下、スパークライン)の配置先を指定します。

スパークラインの作成画面

フィールドに値を手入力してもかまいませんが、任意のセルをクリックすれば設定されます。ここではD5セルをクリックします。選択後、「OK」をクリック。

スパークラインの配置先

これでセル内にスパークラインが表示されます。

グラフ(スパークライン)を表示

スパークラインのセルが選択されている状態では、「スパークラインツール」というメニューが開き、グラフの種類やデザイン、特定の軸の色を変更することなどができます。

(クリックで拡大)
スパークラインツール

スパークラインを取り消すには、「スパークラインツール」→「クリア」からから「選択したスパークラインのクリア」または「選択したスパークライングループのクリア」のどちらかを選択します。

スパークラインの取り消し

Comments [0] | Trackbacks [0]
Now loading...
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3