TopLinux > 2012年11月
2012年11月 1日

Linuxのプロンプトで鐘が鳴った

November 1,2012 1:00 AM
Tag:[]
Permalink

別の記事を書く予定でしたが、Linuxで作業しているときに珍しい事象に遭遇したので紹介します。

「なんだ、そんなの知ってるよ」という方は読み飛ばしてください。

1.Linuxのプロンプトに見慣れない文字?

下のスクリーンショットは、さくらのレンタルサーバで「run-periodic-tasks」というPerlスクリプトを短い間隔で起動していたときのTeraTermの画面です。

(クリックで拡大)

さて、皆さん何か気がついたでしょうか。

そう、下から4つめのプロンプト([2012/MM/DD HH:MM:DD:~]の部分)の時分秒の位置に「DING!」と表示されています。

この作業を行っているとき、一瞬「スクリプトにエラー発生か?」と思ったのですが、よく見たらプロンプト自体の表示でした。

で、この「DING!」が何のことか意味が分からなかったのですが、冷静になって、前後の実行時間から推測すると、この表示が「00:00:00」ちょうどにコマンドを実行したタイミングで表示されるものだと気づきました。

2.「DING!」とは?

あとはタイトルの通りですが、「DING!」をWeblio辞書で調べたところ、

ジャン,ゴーン 《鐘の音》

ということで、鐘の音を示す単語でした。

つまり、「午前0時ぴったりだから鐘を鳴らしたよ!」という、ちょっとした遊び心のようですね。

3.プロンプトの設定

ちなみに、「Linuxのプロンプトを変更する(csh編)」でも紹介していますが、このときのプロンプトの設定は次の通りです。

% set prompt="[%Y/%W/%D %P:%~]\n"

ということで、皆さんも「DING!」にチャレンジしてみてください。

これが午前0時だけ表示されるのか、毎正時に表示されるのかは不明です。どなたかご存知の方がいたらどこかでつぶやいてください。

Comments [0] | Trackbacks [0]
Now loading...
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3