TopLinux > 2013年11月
2013年11月 1日

OptiPNGのオプション一覧

November 1,2013 1:33 AM
Tag:[, ]
Permalink

このエントリーは「PNG画像を最適化するツール「OptiPNG」」の続きで、OptiPNGのオプションをまとめてみました。

ネットで紹介されている記事では最適化レベルを指定する「-o」くらいしか扱われていませんが、OptiPNGには非常に多くのオプションが用意されています(-hで分かりますが)。

調査時のバージョンは0.7.4です。

1.一般オプション

−?, −h, −help

コマンドのヘルプを表示します。

-backup

元ファイルを圧縮すると同時に「.bak」という拡張子つきのバックアップファイルを作成します(旧バージョンの「-keep」オプションと同義のようです)。

−clobber

元ファイルおよびバックアップファイルを上書きします。このオプションをつけずに実行するとエラーになる場合があります。

−dir directory

出力ディレクトリを指定します。

-fix

データのエラーをリカバリします。このオプションは正常なデータに効果はありません。このオプションを利用すると、出力ファイルサイズを増加させずにできるだけデータを回復するように試みますが保証はしていません。また、ファイルサイズの削減よりデータの回復が優先されます。

-force

PNGファイルを強制的に出力します(PNGの入力がdSIGを使ったデジタル署名や、入力より出力のサイズが大きくなる場合でも)。

−log file

ログメッセージを指定したファイルに出力します。ファイルの拡張子は「.log」でなければなりません。

このオプションは非推奨で削除される予定です。代わりにリダイレクトを使ってください。

−out file

出力ファイル名を指定します。このオプションを利用するとき、入力ファイルはひとつしか指定できません。

-preserve

タイムスタンプやアクセス権などのファイル属性を保存します(適用可能な場合)。

−quiet, −silent

ログメッセージを出力しません。-logオプションが利用可能であればそこに書き出します。

−simulate

シミュレーションモードで動作します(最適化を試みますがファイルは出力しません)。

-v

-verboseまたは-versionのエイリアスです。ファイルの指定がない場合は-versionとして動作します。

-verbose

詳細表示モードで動作します。

−version

バージョンを表示します。

−-

オプションスイッチの解析を停止します。

2.PNGエンコーディングと最適化のオプション

−o level

最適化レベルを選択します。0~7の値を設定でき、デフォルトは「2」です。「0」は一番効果の少ない最適化を行い、ビット深度や色タイプのような属性の変更および既存のIDATデータストリームの再圧縮は行いません。「1」はIDAT圧縮を行い、OptiPNGでの最も有効な最適化です。「2」以上を指定した場合、複数のIDAT圧縮を試みます。トライ回数はOSやバージョンによって異なります。値が大きくなるほどコマンド実行時間が長くなります。

−f filters

フィルタリングを行います。0~5の値を設定でき、デフォルト値は「0,5」です。「0~4」は静的なフィルタリングを示し、標準のPNGフィルタ形式(None/Left/Up/Average/Paeth)に相当します。「5」は適応可能なフィルタリングを示します。その効果は、OptiPNGが使用するlibpngライブラリによって定義されます。

-full

IDATのレポートをすべて作成します。このオプションを指定すると遅くなる可能性があります。

−i type

インターレースタイプを指定します。「0」を指定した場合、出力はインターレースなしになります。「1」を指定した場合、出力はAdam7を使用して組み合わされます。このオプションを指定しない場合、出力と入力は同じインターレース形式になります。

−nb

このオプションを指定するとビット深度の縮小を行いません。

−nc

このオプションを指定するとカラータイプの縮小を行いません。

−np

このオプションを指定するとパレットの縮小を行いません。

−nx

このオプションを指定すると損失なしの画像縮小を適用しません。

−nz

このオプションを指定するとIDATデータストリームに記録しません。IDATデータの連結など、記録を要求しないIDATの最適化は行なわれます。このオプションは入力ファイルに効果があります。

−zc levels

IDAT圧縮の中で使用するzlib圧縮レベルを選択します。0~9の値を設定でき、デフォルト値は「9」です。このオプションの効果は、OptiPNGで使用されるzlibライブラリで定義されます。

−zm levels

IDAT圧縮の中で使用するzlibメモリレベルを選択します。1~9の値を設定でき、デフォルト値は「8」です。このオプションの効果は、OptiPNGで使用されるzlibライブラリで定義されます。

−zs strategies

IDAT圧縮の中で使用するzlibストラテジーを選択します。0~3の値を設定でき、デフォルト値は「0-3」です。このオプションの効果は、OptiPNGで使用されるzlibライブラリで定義されます。

−zw size

IDAT圧縮の中で使用するzlibウィンドウサイズを選択します。値は「32k/16k/8k/4k/2k/1k/512/256」のいずれかを指定します。デフォルト値は大きなIDATを出力する最低のウィンドウサイズが設定されます。このオプションの効果は、OptiPNGで使用されるzlibライブラリで定義されます。

3.編集オプション

−snip

多重イメージ、アニメーションあるいはビデオ・ファイルから1つのイメージを切り抜きます。入力フォーマットに依存し、1番目あるいは最も適切な(例えば、最大)なものになります。

−strip objects

PNGファイルからメタデータを削除します。現状は「all」指定のみです。

4.オプション引数の設定

オプションとオプション引数は、半角スペースあるいは等号(=)で区切ることができます。オプション名に続けても大丈夫です。

例:

−out newfile.png <=> −out=newfile.png
−o3 <=> −o 3 <=> −o=3
−f0,3−5 <=> −f 0,3−5 <=> −f=0,3−5

範囲を指定するオプションは複数回指定が可能です。

−f0 −f3−5 <=> −f0,3−5
−zs0 −zs1 −zs2−3 <=> −zs0,1,2,3 <=> −zs0−3

4.参考サイト

参考サイトは以下です。ありがとうございました。

Comments [0] | Trackbacks [0]
Now loading...
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3