Topサービス > 2012年5月
2012年5月13日

ウェブサイトのパフォーマンス測定サービス「WebPageTest」

May 13,2012 2:55 AM
Tag:[, ]
Permalink

ウェブサイトのパフォーマンスを測定できるサービス「WebPageTest」を紹介します。

WebPageTest

「WebPageTest」はもともとAOLによって開発されたプログラムで、2008年にBSDライセンスの下でオープンソース化されました。現在はGoogle codeとして管理されています。

今回紹介するオンライン版はWebPagetest LLCによって運営されているもので、かなり高機能です。

WebPageTest
WebPageTest

当ブログでは最近、このサービスを使ってチェックし、あまりにパフォーマンスが悪かったため、一部最適化を実施し、何秒か改善させました。まだかなり遅いですが。

1.測定

測定したいURLを入力。地域やブラウザの選択を行うこともできます。

測定したいURLを入力

「START TEST」をクリック。

START TEST

測定待ちになります。空いていればすぐに開始します。

測定待ち

測定実施中です。

測定実施中

結果が表示されました。すべての測定が終わるまで30秒ごとにページがリロードされます。

結果表示

2.測定結果

このような画面になればすべての測定が完了です。右上に各カテゴリ(First Byte Time/Keep-alive Enabled/Compress Text/Compress Images/Cache static content)の結果がA~Fランクで表示されます。Aが一番いい評価です。

測定完了

サマリーページの上部には2回の測定結果が表示されます。表には時間・リクエスト数・バイト数が表示されます。

サマリー

詳細はタブをクリックすれば確認できます。

タブ

「Detail」では、各リクエストの詳細が確認できます。

Detail

「Performance Review」では、リクエストをカテゴリ別に評価した結果が表示されます。

Performance Review

「Page Speed」では、ブラウザキャッシュ・コンテンツ圧縮・CSS sprite・画像の最適化など、表示速度の最適化に関する詳細が表示されます。

Page Speed

「Content Breakdown」では、コンテンツ(MIMEタイプ)別のリクエスト数やバイトなどの詳細が表示されます。

Content Breakdown

「Domains」では、ドメイン別のリクエスト数やバイトなどの詳細が表示されます。

Domains

「Screen Shot」では、実際の表示や経過時間によるリクエストの実施状況を確認できます。

Screen Shot

測定結果は毎回微妙に異なるので、複数回実施するとよいでしょう。

3.その他

ページ右上から、Googleアカウントでログインできるようです。

Googleアカウントでログイン

サービスの違いは確認できませんでしたが、以前話題になったGoogleの「Page Speed Service」と関連があるのかもしれません。

というか、現在もPage Speed Serviceのページからこのサービスにリンクが貼られています。

Comments [0] | Trackbacks [0]
2012年5月 5日

ユーザー登録不要で容量無制限(1ファイル2GBまで)のオンラインストレージサービス「GigaFile(ギガファイル)便」

May 5,2012 1:23 AM
Tag:[, ]
Permalink

すでにご存知の方も多いと思いますが、ユーザー登録不要で容量無制限(1ファイル2GBまで)のオンラインストレージサービス「GigaFile(ギガファイル)便」を紹介します。

GigaFile(ギガファイル)便

「サイズの大きいファイルを急いで送りたい」とか「会員登録が面倒」という方におすすめです。

以下、ビギナーの方向けに利用方法を紹介します。

1.ファイル転送

「GigaFile(ギガファイル)便」の中ほどにある「ファイル選択」をクリックして、転送したいファイルを選択。Windowsの場合、Ctrlキーを押しながらクリックすれば複数ファイルを選択できます。

選択後、すぐにサーバへのアップロードが始まります。

アップロードが完了後、ダウンロード用のURL(画面上)と、その右側にアップロードしたファイルを削除するための「削除KEY(画面下)」が表示されます。


メモおよび、ファイルをダウンロードしてほしい人のメールアドレスを入力して「送信」をクリック。

ダイアログが表示されれば送信完了です。ダイアログを消せば前の画面に戻るので、メールアドレスを書き換えれば複数の宛先に送信できます。

2.メールの受信とダウンロード

こんな感じでメールが届きます。メールには先程のダウンロード用URL・削除KEY・メモが記載されます。

URLをクリックして表示された画面で「ダウンロード開始」をクリックすればファイルをダウンロードできます。

ファイルを削除したい場合は、メールに添付された「削除KEY」を「削除KEY」欄に入力して「削除」をクリックしてください。

Comments [0] | Trackbacks [0]
Now loading...
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3