Topサービス > 2012年8月
2012年8月 9日

ウェブサイトのリンク切れをチェックするW3C公式ツール「Link Checker」

August 9,2012 1:55 AM
Tag:[, ]
Permalink

ウェブサイトのリンク切れをチェックしてくれるW3C公式ツール「Link Checker」を紹介します。

W3C(World Wide Web Consortium)のチェックツールといえば、

が有名ですが、リンク切れをチェックするための「Link Checker」も用意されています。

Link Checker
Link Checker

使い方は簡単で、リンク切れをチェックしたいURLをテキストフィールドに入力して「Check」をクリックするだけです。

Link Checker

オプションは次のものが用意されています。

オプション

  • Summary only:サマリー(チェック結果)のみ表示
  • Hide redirects:リダイレクトを隠します
  • Don't send the Accept-Language header:Accept-Languageヘッダを送信しない
  • Don't send the Referer header:Refererヘッダを送信しない
  • Check linked documents recursively:リンクを再帰的にチェック
  • Save options in a cookie:オプションをクッキーに保存

「Check linked documents recursively」をチェックしておけばリンクを辿ってチェックしてくれるようです。「Accept-Language」ヘッダは複数の言語のためのコンテンツが用意されている場合に最適な言語のコンテンツを返却するためのヘッダです。

リンク切れがあるとこのような感じで表示されます。

Link Checker

負荷がかかるのを考慮して、リンク先のアクセスは1秒程度の間隔で実行されるようなので、リンクの多いサイトであれば数時間かかるつもりで実施した方がいいでしょう。

Perlであれば、CPANのW3C::LinkCheckerというのも利用できるようです。

Comments [0] | Trackbacks [0]
Now loading...
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3