Top書籍 > 2006年12月
2006年12月30日

YouTube 革命

December 30,2006 12:50 AM
Tag:[, , ]
Permalink

2006 年に大ブレイクし、今年の Web2.0 を代表するサービスにとどまらず、映像の世界をも大きく揺るがそうとしている YouTube の新書が発売中です。

YouTube革命 テレビ業界を震撼させる「動画共有」ビジネスのゆくえ

YouTube革命 テレビ業界を震撼させる「動画共有」ビジネスのゆくえ
神田 敏晶

ソフトバンククリエイティブ 2006-12-16
売り上げランキング : 511

Amazonで詳しく見る by G-Tools

YouTube(ユーチューブ)は、すでにご存知の通り、無料/大容量/タグをつけることで検索できる/動画を共有できる/ブログ等で動画を公開できる/連鎖反応(人気のある動画から新たな動画が生まれる)等、Web2.0 の特徴をもち、人気が急速に伸びた動画配信サービスです。著作権違反の動画の削除タイミングが緩やかであったことも人気に拍車をかけました。(以上、本書より引用)

この本では、

  • 動画共有革命の衝撃
  • ユーチューブのメディアパワー
  • 方向転換を余儀なくされるテレビ業界
  • 動画共有が創造するビジネスモデル
  • 著作権2.0を考える
  • ユーチューブ後の世界

の6章に分け、YouTube が登場したことによってもたらされた変革、インターネット広告や著作権の考え方等が語られています。

とりわけ著作権については、違反防止によって著作者の利益を守ることと、違反によって逆に著作者に得られる利益を考え、共存することについての比較は興味深いです。全ての著作物が同一の性質でないにしても、ウェブの普及が進むにしたがって、前者から後者へシフトしていくのではないかと思います。

ちなみに、YouTube の「Tube」はブラウン管を表すそうです。そういえばトレードマークの「Tube」の文字の部分がブラウン管になってました。

Comments [0] | Trackbacks [1]
2006年12月 2日

MOVABLETYPE PLUGINS DIRECTORY

December 2,2006 12:50 AM
Tag:[, , , ]
Permalink

Movable Type 関連書籍として、初めての「プラグイン集」が発売されました。

MOVABLETYPE PLUGINS DIRECTORYMOVABLETYPE PLUGINS DIRECTORY
関根 元和 藤本 壱 みらの

毎日コミュニケーションズ 2006-11
売り上げランキング : 1957

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

画像では分かりにくいのですが、黒を基調としたお洒落なブックカバー。その中にはアルファベット順に Movable Type 3.3 対応の 81 個の名だたるプラグインが紹介されています。その他、StyleCatcher 等、インストール済プラグインの利用方法も掲載されています。*1

また、本書のコラム欄に「プラグイン紹介サイト」ということで、「Six Apart:プラグイン・ディレクトリ」「米Six Apart:Movable Type Plugins」に加え、当サイトの「Movable Type プラグイン一覧」を紹介くださっています。
掲載頂けたこと、および見本誌を贈呈くださったことに対し、この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。

その「Movable Type プラグイン一覧」は手作業で随時更新中です。サイト内エントリーとしては随一の更新率をマークしておりますが、「まだ掲載されていない」という国内のプラグインがありましたら、ご連絡お待ち申し上げます(海外のプラグインはいずれまた)。


*1:3.3x 以前の BigPAPI プラグインは対象外となっています。

Comments [0] | Trackbacks [1]
2006年12月 1日

「書ける人」になるブログ文章教室

December 1,2006 12:47 AM
Tag:[, , ]
Permalink

小説家でアメーバブックス取締役編集長・山川健一の著書です。

「書ける人」になるブログ文章教室「書ける人」になるブログ文章教室
山川健一

ソフトバンククリエイティブ 2006-11-16
売り上げランキング : 7556

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

まだ全部読んでいないのですが、例えば冒頭の章では「文学というものが非常に高度で難解なものになった?(中略)?以前にもっと豊穣な平仮名の世界が広がっており、今の日本のブログは近代文学を超えてそこに直結している?(中略)?ブログの爆発的な広がりは日本文学が経験している大きな揺り戻し現象なのだ。」と、非常に興味深い切り口で語られています。

「教室」というタイトルですが堅苦しい内容ではなく、ブログを書くためのちょっとしたポイントが、小説家の視点で読みやすく書かれた1冊です。

しまりのない文章ですいませんがご紹介まで。

Comments [0] | Trackbacks [0]
Now loading...
ギターに入った猫
IT転職は【Green】Web/インターネット業界の求人に強い転職サイト グリーン
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

Categories
Monthly Archives
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 5.12