Top書籍 > 2009年5月
2009年5月31日

ジャーナリズム崩壊

May 31,2009 2:55 AM
Tag:[, ]
Permalink

少し前の新書ですが、最近記事になっていた「鳩山就任会見 報じられない「記者クラブ否定」発言」と、その少し前の「小沢代表から記者クラブ開放の言質をとった記者会見での質問」が気になって読みました。

ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書)ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書)
上杉 隆

幻冬舎 2008-07
売り上げランキング : 27450

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この本では、著者がフリーランスのジャーナリストの立場として、記者クラブの過去の因習を鋭く批判し、記者クラブ以外のジャーナリストが平等に取材できるための改善を求めています。

個人的にはかなり面白く読めました。引用のクレジットをきちんとつけないとか誤報を隠すという行為は、新聞に限らずブログでも同じことなので、対岸の火事にならないよう気をつけたいと思います。

第1章 日本にジャーナリズムは存在するか?
第1節 空想でしかない「客観報道」
ジャーナリズムとワイヤーサービス
日本の新聞記者は多すぎる?
締め切りのない米国の新聞
事実を知りながら報道しない政治記者
担当した政治家が出世すれば自分も出世
国民ではなく権力側に寄り添う新聞
第2節 メモ合わせ
記者たちが堂々とカンニング
スクープ連発「一部週刊誌」という雑誌
なんでも「わかった」スピリチュアル報道
自己防衛としてブログを開設
第3節 自由な言論を許さないメディア
貴様のような奴は訴えてやる!
「落とし前がついていない」から取材拒否
海老沢一座の大芝居
第4節 編集と経営
常に厳しくチェックされる米国の記者たち
記事より重要な社内の権力闘争
大連立の仕掛人、渡邉恒雄
第5節 しばり、癒着
宮内庁による「申し合わせ」要請
流出したメモ
宮内庁記者クラブをめぐる悲喜劇
国民を欺く談合
日本固有の記者クラブ制度
メディア環境の激変に迷走
「イタい日本」=JAPAN
第2章 お笑い記者クラブ
第1節 笑われる日本人記者
『笑われる日本人』
日本贔屓のクリストフ支局長が日本嫌いになるまで
ハワード・フレンチ支局長の驚き
喜多川氏にひれ伏す日本メディア
第2節 メディア界のアパルトヘイト
日本外国特派員協会と日本メディア
外国人記者やフリー記者を阻む堅固な壁
非「記者クラブ」ジャーナリストたちの責任
会社員かジャーナリストか
健全な政治家、不健全なメディア
第3章 ジャーナリストの誇りと責任
第1節 署名記事
秘書経験のせいで不採用
上杉君はどの政治家の推薦状を出したの?
自ら名乗って記事の責任を負う
誰によって書かれたかが重要
朝日新聞「素粒子」の<死に神>報道
「書かせてやる」という意識
第2節 実名報道
安全地帯から人を批判
「公人」と「準公人」
『官邸崩壊』に入った3つのチェック
面白すぎるのはルール違反
第3節 均一化したエリート記者たち
議員と秘書は多士済々
政治記者たちの奇妙な同質性
同じような記事しか生まれないわけ
第4章 記者クラブとは何か
第1節 記者クラブの誕生
仲間はずれがいちばん怖い
記者クラブ略史
第2節 日米メディアをめぐる誤解
論争を避ける記者たち
アメリカでは取材で自由に誰にでも会える?
第3節 英訳・キシャクラブ
なめられるエリート記者
「出入り禁止」恐怖症
海外の記者クラブ
第4節 都庁記者クラブの場合
知事主催の火曜会見
都庁記者クラブの妨害
あるのは面子と評価のみ
妨害が生んだ喜劇
牢獄「キシャクラブ」
第5章 健全なジャーナリズムとは
第1節 アフガニスタン・ルール
ニューヨーク市民にとってのニューヨーク・タイムズ
ふたつの記事
メモワール文学の大流行
現在を切り取ることこそ本来の仕事
第2節 過ちを認めない新聞
誤報を隠す悪しき体質
訂正欄で原因まで徹底的に検証
ニューヨーク・タイムズのイラク報道検証
ジェイソン・ブレア事件の衝撃
不可解だったNHK番組改変報道の対応
最後まで誤報を認めなかった朝日新聞
第3節 日本新聞協会の見解
Comments [0] | Trackbacks [0]
2009年5月17日

DreamweaverとMovableTypeで作る テンプレートカスタマイズレッスン

May 17,2009 1:55 AM
Tag:[, ]
Permalink

Webオーサリングツール「Dreamweaver」で Movable Type を利用するための解説書です。

DreamweaverとMovableTypeで作る テンプレートカスタマイズレッスンDreamweaverとMovableTypeで作る テンプレートカスタマイズレッスン
森 和恵

技術評論社 2009-03-27
売り上げランキング : 13931

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容は、Movable Type の概要・インストール・基本操作と、Dreamweaver との連携方法の解説。そして、実際に Dreamweaver と各テンプレートを連携したサイト制作にあたっては、サンプルを利用して、Movable Type 側の設定と、Dreamweaver でのテンプレートタグの設定方法が紹介されています。また、カスタムフィールドやプラグインを利用した場合の設定方法についても解説されています。

Dreamweaver だけでなく、Movable Type の設定についての解説も多く掲載されています。これから Dreamweaver と、Movable Type を使ってサイトを作ってみたいという方におすすめです。

第1章 DreamweaverとMovable Type
1-1 Movable Typeとは
1-2 Movable Typeのしくみ
1-3 Movable Typeのインストールと設定
1-4 Dreamweaverとは
1-5 Dreamweaverの拡張機能
第2章 デザイン変更とテンプレート
2-1 Movable Typeでテンプレート管理
2-2 Dreamweaverでテンプレート管理
2-3 テンプレートタグの活用
第3章 ウェブログの設定と記事の登録
3-1 ウェブサイトの構成
3-2 ウェブログの作成と初期設定
3-3 ブログ記事の登録
3-4 ウェブページの登録
第4章 メインページのデザインカスタマイズ
4-1 テンプレートカスタマイズの前準備
4-2 メインページテンプレートの作成
4-3 カテゴリとウェブページ一覧の表示
4-4 カテゴリとフォルダの並べ替え
第5章 カテゴリ別ブログ記事リストのデザインカスタマイズ
5-1 テンプレートモジュールによるソースコードの共有化
5-2 ウィジェットによるサイドバー管理
5-3 カテゴリ別ブログ記事リストのテンプレート作成
5-4 カスタムフィールドを利用した情報表示
5-5 カテゴリ別ブログ記事リストページの分割表示
第6章 ブログ記事とウェブページのデザインカスタマイズ
6-1 ブログ記事テンプレートのカスタマイズ
6-2 同カテゴリの記事一覧表示
6-3 リッチテキストエディターをFCKeditorに変更
6-4 ウェブページテンプレートのカスタマイズ
6-5 メールフォームの作成
第7章 アクセスアップに必要なページの設定
7-1 SEO対策とメタタグの表示
7-2 自動更新サイトマップページの作成
7-3 sitemap.xmlの作成
7-4 サイト内検索の結果画面のカスタマイズ
付録
付録1 Movable Typeの独自タグリファレンス
付録2 Dreamweaver CS3とCS4の相違点
Comments [0] | Trackbacks [0]
2009年5月13日

「Movable Type 4.2 パーフェクトガイド」重版決定

May 13,2009 1:55 AM
Tag:[, , ]
Permalink

昨年の7月末に発売された、拙著「Movable Type 4.2 パーフェクトガイド」の重版が決定致しました。

重版が決定したのは3月中旬なので、もしかしたらそろそろ本屋に第2刷が出回る頃かもしれません。

Movable Type 4.2 パーフェクトガイドMovable Type 4.2 パーフェクトガイド
荒木 勇次郎

毎日コミュニケーションズ 2008-07-31
売り上げランキング : 1457

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これまで執筆してきた書籍の中では値段が高めであったため、重版は厳しいかなと思っていましたが、大変嬉しい限りです。

ということで、お買い上げくださった皆様、ありがとうございました。

Comments [2] | Trackbacks [1]
2009年5月10日

Movable Typeレッスンブック―MT4.x以上に対応 ステップ・バイ・ステップ形式でマスターできる

May 10,2009 2:22 AM
Tag:[, ]
Permalink

出遅れましたが、エビスコム(エ・ビスコム・テック・ラボ)の Movable Type 書籍の紹介です。

Movable Typeレッスンブック―MT4.x以上に対応 ステップ・バイ・ステップ形式でマスターできるMovable Typeレッスンブック―MT4.x以上に対応 ステップ・バイ・ステップ形式でマスターできる
エビスコム

ソシム 2009-04
売り上げランキング : 49652

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

同社の「Movable Type サイトデザイン&レシピ事典 Movable Type4.2対応」は「パーツ集」と「レシピ集」の2部構成になっていますが、「Movable Typeレッスンブック」は、順を追って読み進めることでサイトが構築できる構成になっています。

各章では、テンプレートタグを利用したカスタマイズのバリエーションが色々と用意されています。

  1. 下準備
  2. 基本的なブログの作成
  3. 記事に挿入した画像のレイアウト
  4. ブログのメニュー
  5. コメントとトラックバック
  6. パワーアップアレンジ
  7. 従来型のホームページの作成

ということで、オーソドックスなブログのカスタマイズ書籍と言えるでしょう。

Comments [0] | Trackbacks [1]
2009年5月 7日

ウェブはバカと暇人のもの

May 7,2009 12:17 AM
Tag:[, ]
Permalink

ネット関連の新書が出ていたので、久しぶりに購入しました。

ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)
中川淳一郎

光文社 2009-04-17
売り上げランキング : 725

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者の中川淳一郎さんは、博報堂からフリーのライター・雑誌編集等を経て「ニュースサイト(アメーバニュース)」の編集責任者を務めている方で、タイトルの通り、昨今のネット事情を鋭く批評しています。

私もブログを結構長く続けていて、個人的にはネットに関わることで色々と変化があったので、関わり方によっては人生が変わらないこともないと思いますが、そのことを差し引いても、ここに書かれていることは「その通り」とうなずけることが多いです。

ネットの現状を知りたい方はもちろん、これからネットで何かを始めようという方にもおすすめです。

第1章 ネットのヘビーユーザーは、やっぱり「暇人」
品行方正で怒りっぽいネット住民
ネット界のセレブ「オナホ王子」
「怒りの代理人」がウヨウヨ、要はいじめたいだけ
読解力がなく、ジョークも通じない人々
「被害者がいるならここに連れてこい」
クレームという名の粗探し
「誰が言うか」はかなり重要
ネットで叩かれやすい10項目
暇人にとって最高の遊び場がインターネット
1億2000万パケットを自慢する暇人
ブログ、SNSの内容は「一般人のどうでもいい日常」
さんまやSMAPは、たぶんブログをやらない
暇人はせっせと情報をアップし、リア充はその情報お換金化にはげむ
第2章 現場で学んだ「ネットユーザーとのつきあい方」
もしもナンシー関がブログをやっていたら...
「堂本剛にお詫びしてください」
芸能人を中傷して18人が摘発
ネットはもっとも発言に自由度のない場所
「ネットでの消費者の声を聞け」は大ウソ
「Web2.0」とかいうものを諦めた瞬間
「オーマイニュース」惨敗の裏側
結局、B級ネタがクリックされる
素人に価値のある文章は書けない
ネットの声に頼るとロクなことにならない
第3章 ネットで流行るのは結局「テレビネタ」
テレビの時代は本当に終わったのか?
ブログでもテレビネタは大人気
王道は「テレビ見た→ネットで検索&書き込み」
コピペできない雑誌・新聞はネットにさほど影響なし
バナナ、ココア、納豆、寒天...結局、テレビがブームを作る
芸能人の「テレビ人格」を疑わない素直な人々
「ネットでブームを!」なんてこんなもの
スターはテレビからしか生まれない
ネットはさほどテレビを敵視していない
これからも人々は大河ドラマと紅白歌合戦を見続け、「のど自慢」に出演する
第4章 企業はネットに期待しすぎるな
企業がネットでうまくやるための5箇条
ブロガーイベントに参加する人はロイヤルカスタマーか?
ブログに書く理由は「タダだから」
ネットに向いている商品は、納豆、チロルチョコ、ガリガリ君
「Web2.0」とかいう前に、「Web1.374」くらいを身につけるべき
バカの意見は無視してOK
クリックされなきゃ意味がない
先にバカをした企業がライバルに勝利する
ネットプロモーションのお手本「足クサ川柳」
ネットでブランディングはできない
第5章 ネットはあなたの人生をなにも変えない
Comments [0] | Trackbacks [2]
Now loading...
ギターに入った猫
IT転職は【Green】Web/インターネット業界の求人に強い転職サイト グリーン
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

Categories
Monthly Archives
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 5.12