TopWindows > 2014年2月
2014年2月25日

Windowsで見失ったマウスポインタを素早くみつける方法

February 25,2014 1:55 AM
Tag:[]
Permalink

Windowsで見失ったマウスポインタを素早くみつける方法を紹介します。

1.問題点

Windowsのメールやブラウザなどで、テキスト選択可能な位置にマウスカーソルをあてると、矢印のポインタが「I」型になります。

通常のマウスポインタ

テキスト選択可能な位置にマウスをあてたところ

そのまま選択動作を行う分には問題ないのですが、キーボード入力を行っているうちにマウスポインタがどこかに移動してしまい、どこにあるのかわからなくなることがたまにあります。

2.マウスポインタを素早くみつける

分からなくなった場合、マウスを素早く動かせば大抵見つかるのですが、Windowsにはマウスポインタを素早くみつけるための機能が装備されています。

それはCtrlキーを押すとポインタの位置を表示する機能です(すいませんが実際の表示はお見せできません)。

スタートメニューの「コントロール パネル」をクリック。

「マウス」をクリック。

「ポインタ オプション」タブの「表示」→「Ctrlキーを押すとポインタの位置を表示する」をクリック。

(クリックで拡大)

この設定を行うことで、Ctrlキーを押下したとき(厳密にはキーを離したとき)に、マウスポインタがある位置に円マークを表示してくれます。

3.参考サイト

参考サイトは以下です。ありがとうございました。

Comments [0] | Trackbacks [0]
2014年2月 6日

テキストリンクの一部をコピーする方法のまとめ

February 6,2014 1:55 AM
Tag:[, ]
Permalink

テキストリンクの一部をコピーする方法をまとめました。

1.はじめに

「テキストリンクの一部をコピーする」というのは、たとえばa要素が付与された「これはリンクです」というテキストリンクがあるとしたら、

テキストリンク

「リンク」という部分だけをコピー(というか選択)することを指します。

テキストリンクの一部をコピー
テキストリンクの一部をコピー

テキストリンク全体、あるいは端を含めた一部をコピーするのはそれほど難しくありません。

テキストリンク全体をコピー
テキストリンク全体をコピー

テキストリンクの端を含んだ一部をコピー
テキストリンクの端を含んだ一部をコピー

が、テキストリンクの途中を選択(してコピー)するには、ちょっとしたテクニックが必要です。

ということで、テキストリンクの一部をコピーする方法について調査してみました。

2.テキストリンクの一部をコピーする

ネットの情報やサンプルを使った実験で、基本的には以下の方法で取得できることが分かりました。

まず、リンクテキストで取得したい文字にカーソルをあてます(厳密にはリンクにカーソルをあてる必要はありませんが)。

カーソルをあてた状態

その状態でカーソルを少しだけ上(または下)に移動させ、カーソルが矢印の形状になったところ(つまりリンクから外れたところ)で止めます。できるだけギリギリのところで止める方がいいみたいです。

カーソルを上に移動

その位置でマウスを右方向または左方向にドラッグすれば、テキストリンクの途中から選択することができます。

テキストリンクを途中から選択

おそらく多くの方は、矢印になった状態で右クリックしたあと、カーソルをリンクの方に戻してからドラッグしているのではないでしょうか(下)。

テキストリンクを途中から選択

後者の方法であれば、間違って他の部分を選択してしまう確率が減るというメリットがありますが、選択の効果は前者と同じようです。

以下にサンプルを用意したのでお試しください。

サンプル

なおブラウザによって動作が異なる可能性があります。

3.コピーできるカーソルの範囲

2項に用意したサンプルは、ページにテキストリンクしか存在しないので、実はカーソルをテキストリンクからかなり離れた場所でもコピーすることが可能です。

テキストリンクから離れた場所でもコピー可能
かなり離れた場所でコピー

また、複数行のテキストリンクを並べて試してみたところ、Firefoxではカーソルから近いところにあるものが選択され、Google Chromeではカーソルの下にあるテキストが選択されました。

つまり、カーソルでドラッグを開始した位置から選択できる範囲についてはブラウザの仕様に依存するようです。

4.部分選択できないケース

基本は3項までに説明したとおりですが、通常のウェブサイトで同じような方法でコピーをしようとすると、周囲のテキストまで選択状態になってしまうことも少なくありません。

原因について調べてみたところ、対象のテキストリンク(またはその親要素)にfloatが設定されていると部分選択ができないケースがあるようです。

ただし次の条件にあてはまればコピーできるようです。

  • marginが設定されていれば取得可能
  • paddingが設定されていれば取得可能
  • borderが設定されていれば取得可能
  • floatが設定されていてもpaddingまたはborderが設定されていれば取得可

こちらもブラウザの仕様やCSSのレイアウトによってはこのパターンにあてはまらないケースがあるかもしれません。

いくつかサンプルを用意したので、サンプルの中にある「ここを取得」の部分を選択できるか試してみてください(サンプルはリンク先にあります)。

マージンおよびパディングの設定がないサンプル
マージンおよびパディングの設定がないサンプル

マージンの設定があるサンプル
マージンの設定があるサンプル

パディングの設定があるサンプル
パディングの設定があるサンプル

floatとマージンが設定されたサンプル
floatとマージンが設定されたサンプル

floatとパディングが設定されたサンプル
floatとパディングが設定されたサンプル

floatとborderが設定されたサンプル
floatとborderが設定されたサンプル

Comments [0] | Trackbacks [0]
2014年2月 5日

Windowsのデフォルト機能だけでマウスカーソルをキャプチャする方法

February 5,2014 1:11 AM
Tag:[, , ]
Permalink

Windowsのデフォルト機能だけでマウスカーソルをキャプチャする方法を紹介します。

Windowsのデフォルト機能でマウスカーソルをキャプチャしたところ
マウスカーソルをキャプチャ

1.問題点

Windowsではデフォルト機能で画面をキャプチャするための「Print Screen」キーが用意されています。

具体的なキーの使い方は次のとおりです。

  • Print Screen押下:デスクトップをキャプチャ
  • Alt+Print Screen押下:アクティブになっているウィンドウをキャプチャ

キャプチャ後、「スタート」→「アクセサリ」→「ペイント」を開き、メニューバーの「編集」→「貼り付け」またはCtrl+vでキャプチャした画面がペーストされます。

ですが、この機能ではマウスカーソルを同時にキャプチャすることができません。

下のスクリーンショットは「テスト」というリンクの上にマウスカーソルを当てた状態のものをPrint Screenキーでキャプチャしたものですが、マウスカーソルはキャプチャされていません。

Print Screenキーでキャプチャ

フリーのソフトを利用すればマウスカーソルをキャプチャすることができるようになりますが、ここではWindowsのデフォルト機能でマウスカーソルをキャプチャする方法を紹介します。

Windows Vistaで確認しているので、Windows7では画面が若干異なるかもしれません。Windows7の情報を追加しましたのでVista版と分けて手順を説明します。

2.マウスカーソルをキャプチャする(Windows7の場合)

Windows7の場合、テーマから「Aero」を選択しておかないと、

  • 拡大鏡の内容が不鮮明
  • 設定画面で選択できない項目がある

という問題があります。

デスクトップ上で右クリックし、「個人設定」→「テーマ」→「Aero」を選択してください。

Aero

上記の設定後、以下の手順を実施してください(環境によっては設定済の項目もあります)。

「スタート」→「アクセサリ」→「コンピュータの簡単操作」→「拡大鏡」をクリック。

Aero

拡大鏡の設定画面が開くので(開かない場合はデスクトップ上に表示された虫メガネアイコンをクリック)、「-」をクリックして「100%」に変更。

Aero

100%にしたところ
Aero

「表示」→「固定」を選択。

Aero

表示された拡大鏡画面がディスプレイの端にくっついて表示されていると思うので、拡大鏡画面の真ん中あたりをクリックして画面の中央方向にドラッグすればリサイズ可能な状態になります。

任意の大きさにリサイズした後、拡大鏡画面をアクティブな状態にして、キャプチャしたいものが拡大鏡に写っている状態にします。

あとは「Alt+Print Screen」で拡大鏡のウィンドウをキャプチャしてペイン画面にペーストすれば、冒頭の画面のようにマウスカーソルが表示されたスクリーンショットを取得すつことができます。

3.マウスカーソルをキャプチャする(Windows Vistaの場合)

「スタート」→「アクセサリ」→「コンピュータの簡単操作」→「拡大鏡」をクリック。

スタートメニュー

拡大鏡の設定画面が開くので(開かない場合はタスクバーの「拡大鏡」をクリック)、「倍率」を「等倍」に変更、「固定」のチェックを外して、「マウスポインタの動きを追う」をチェックします。

拡大鏡の設定画面

拡大鏡の画面を適当な大きさにリサイズし、拡大鏡の画面をアクティブな状態にして、キャプチャしたいものが拡大鏡に写っている状態にします。

拡大鏡画面

あとは「Alt+Print Screen」で拡大鏡のウィンドウをキャプチャしてペイン画面にペーストすれば、冒頭の画面のようにマウスカーソルが表示されたスクリーンショットを取得すつことができます。

4.注意事項

Windows Vistaでは、仕様として拡大鏡の使用中はClearType(文字のアンチエイリアシング)が機能しないようです。

拡大鏡を使用中に ClearType が機能しない

あと、私の環境で全体のキャプチャを行うと「クリップボードにある情報はペイントには挿入できません」というエラーになりました。

エラー画面

別環境であれば取得可能かもしれません。

Comments [0] | Trackbacks [0]
2014年2月 3日

ブラウザに「Related Searches」「ご利用のPCは近々クラッシュします!」「OKをクリックして、すぐにクリーンアップしてください。」が表示される場合の対処

February 3,2014 1:33 AM
Tag:[]
Permalink

ブラウザに「Related Searches」や「ご利用のPCは近々クラッシュします!」「OKをクリックして、すぐにクリーンアップしてください。」などの広告が表示される場合の対処方法を紹介します。

1.問題点

ある日突然ブラウザの左側や下部に広告みたいなものが表示され始めました。

(クリックで拡大)
広告

本来の表示部分を取り除くと、次のように3ヶ所表示されています。

(クリックで拡大)
広告

左側には縦長の「Related Searches」というバナーが表示されています。

バナー

ページ下には「アドバンスドシステムプロテクターがアイテムを2個検出しました~今すぐ消去」という意味不明なメッセージが表示されます。

OKをクリックして、すぐにクリーンアップしてください。

「OKをクリックして、すぐにクリーンアップしてください。」というバナーが表示される場合もあります。

OKをクリックして、すぐにクリーンアップしてください。

「ご利用のPCは近々クラッシュします!」というバナーが表示される場合もあります。

ご利用のPCは近々クラッシュします!

スクリーンショットはGoogle Chromeですが、Firefoxでも同様の広告が表示されていました。

ネットで検索すると「Yontooというアドオンを削除するとよい」という記事をみかけましたが、そのようなアドオンは存在せず、ためしにすべての拡張機能やアドオンなどを無効にしても解消されませんでした。

また削除する方法を調べても、手順が曖昧だったり、「広告をクリックして削除した」といった怪しい記事しかみつからなかったので、本エントリーでこれらの広告を削除する方法を紹介します。

対象OSはWindowsです。

注:広告が表示された場合、広告上のリンクは絶対にクリックしないでください。

2.広告を削除する

広告を削除するには、フリーソフトをインストールしたときに自動的にインストールされてしまった「Higher Aurum」というプログラムを削除します。

「コントロールパネル」から「プログラムのアンインストール」をクリック。

コントロールパネル

「Higher Aurum」を選択して「アンインストール」をクリック。

プログラムのアンインストール

アンインストールのウィザードが起動するので「Next」をクリック。

ウィザード

「Uninstall」をクリック。

Uninstall

「Reboot now(今すぐ再起動)」または「I want to manually reboot later(あとから手動で再起動)」のいずれかを選択して「Finish」をクリック。

Finish

Firefoxはリロード、Google Chromeはブラウザの再起動で表示されなくなりました。

3.その他

今回は「Higher Aurum」が原因でしたが、これ以外のソフトでも同様の事象が発生する可能性があります。

複数のブラウザで発生する場合はアドオンや拡張機能ではなく、自動的にインストールされたソフトである可能性が高いので、「コントロールパネル」→「プログラムのアンインストール」で調べてみるとよいでしょう。

また、これで解消しない場合、アドオンや拡張機能などに「higher aurum」が残っている可能性があるので、アドオンまたは拡張機能から削除してください。

Comments [0] | Trackbacks [0]
Now loading...
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3