Topお知らせblog > 2007年5月
2007年5月29日

ブログを続けるための3つのポイント

May 29,2007 2:17 AM
Tag:[, ]
Permalink

このサイトもとりあえず3年続いたので、続かなくなる前に(笑)ブログを続けるためのノウハウを書いてみることにしました。3年の経験にもとづいているので、まあまあの信憑性かもしれません。

ブログを始めた時は「楽しい」という気持ちが強いので「続かない」というケースは少ないと思いますが、書き始めてしばらく経ち、続けることへの意欲がなくなりかけてきた頃に思い起こしてもらえると有難いです。

続けるための観点は人によって違うと思います。ここでは経験上「こうしておけば続けやすい」というものをまとめてみました。「3つのポイント」というタイトルは、たまたま思いついたのが3つだった、というだけです。思いついたらまたエントリーします。

またアクセスを増やす方法については言及していませんので、「アクセスが増えないので続かない」という対処について触れてません。アクセスについては別の機会にエントリーします。

1.続けることに対する目標を作る

「ブログをX日続ける」という目標を作りましょう。

「続ける」ということは日々の積み重ねの結果ですので「目標にするのはちょっと…」と思われるかもしれませんが、「日々積み重ねる」ということは継続するという行為のミクロな視点である訳なので、個人的には違和感ありません。

それはさておき、目標はいきなり「3年」とか、そんな大きな目標は立てる必要はありません。例えば「1週間」という目標を立てます。そうすることで、直近のスケジュールをどうすれば良いかという、具体的な行動が起こせるきっかけになります。

私の場合、まず日曜の夜に5日?1週間分のおぼろげなエントリー予定を立てるようにしています。とりあえず週末はダジャレの日が1回あるので(笑)、それを除いた残りの日のエントリーのスケジュールを考えます。これまでの下書きの公開や、頂いたご質問の情報展開、新ネタ等。
アクセスは週明けが多いので、読んで欲しい記事はできるだけ月・火に出すようにしています。

そして週の間にまた別のネタが見つかるかもしれません。それは緊急性の高い情報であれば優先して投稿し、スケジュールから外れたエントリー予定だった分は次週回しにします。最近はこういうサイクルでやりくりしています。

話を戻して、「10年続ける」といった壮大な目標でも構わないのですが、大きい目標に対しては必ず「小さい目標」も同時にたてて、それを繰り返すようにしましょう。あるマラソン選手(誰か失念)も「42.195km走る切るために『次の電柱まで』を繰り返して走っている」と言ってました。
小さいことの積み重ねが大きな結果に結びつきます。

それから、目標を達成する直前に次の目標を立てることも大事です。例えば「3年続けました!」という達成感で満足してしまうと、そこで立ち止まってしまう可能性があります。
目標達成目前のところで次の目標を決めておけば、達成感を味わいながら、同時に次の目標に向かって心の準備も整っているという訳です。

2.ネタはできるだけ溜めておく

私の場合、2年経った頃、「今日は何を書こう?」という、いわゆるネタ切れの状態がよくおきました。前の日のエントリーに注力し過ぎて、次の日に時間的余裕がない場合がそうです。

そういう訳で3年目から、とにかく思いついたネタは極力メモすることにしました。例えばカスタマイズ記事であれば、グダグダなタグまたはソースコードでもとりあえず本文に貼り付けておき、未公開状態のエントリーとして保存しておきます。
ダジャレも同じで、どんなくだらないものでも忘れないうちに書き留めておきます。

そうこうするうちに、ピンキリの内容ながらかなりの量の未公開エントリーが溜まりまして、ネタ切れで悩むというストレスからはほぼ解放されました。

また予めエントリーを書く時間がとれないことが分かっている時は、公開できる状態までエントリーをまとめて書き溜めておき、指定日投稿をしています。最大で5日分書いたこともあります。
飲み会等で、その日の晩はパソコンに向かう状態ではない、という時も事前にエントリーを書くようにしています。

タイムリー性が問われる記事についてはこのテクニックを適用できませんが、例えば日常の出来事などは、その日に起こったことをまとめて投稿せず、小出しにする手もあります。また投稿日をずらせば、後から投稿する分については推敲することが可能です。

今更ですが今年の3月頃、風邪をひいて39度の高熱で寝込んでいたことがありました。その時は事前の準備をしていなかったため、その時だけはさすがに参りました(それでもエントリーしましたが)。「備えあれば憂いなし」です。

3.マイナス要因はうまく対処する

楽しく続けているブログも、コメントやソーシャルブックマークに誹謗・中傷が起きると、正直凹みます。あるエントリーに対して100件がプラス評価でも、1件のマイナス評価で全てを覆しかねません。それが原因でエントリーする意欲がなくなってしまうのが一番良くないことです。
ちなみに、「アドバイス」的な内容はマイナス評価とは別物なので、その点は誤解なきようお願い致します。

対処法は、エントリーの内容にもよるので一意の解ではありませんが、仮にマイナスな評価が多数ではなく一部であれば、その評価に対して過敏に反応しない、あるいは大人の対応をすること。逆に多数の場合は記事の内容が誤っている可能性があるので、冷静に受け止め、相当の対応をすることが最善策と思います。

いずれにしても、そのことによるストレスはブログ上ではなく、リアルの世界でお酒でも飲んで発散しましょう。

またこういう時も、投稿するだけの状態になっているエントリーが用意されていれば「今日は書く気分にならない」という精神状態でも、表向きにブログは粛々と続けることができます。

Comments [2] | Trackbacks [0]
2007年5月25日

図解・トラックバック処理

May 25,2007 2:10 AM
Tag:[]
Permalink

「トラックバック」とは Web サイト間のピアツーピア通信/通知のためのフレームワークです。

もう少し分かりやすく説明すると、

リンク元サイトに「このような記事からリンクを張った」という情報を通知する仕組み

です(これも分かりにくいですが)。
ちなみに「トラックバック Ping」とは「トラックバック Ping URL に対する HTTP POST リクエスト」です。

それはともかく、ブログを始めた時に最初に戸惑うのがこの「トラックバック」で、実際にトラックバック機能を利用して一番不思議に思われる事象が、

「エラーになったのに相手のブログにちゃんと送信されている」

ことではないでしょうか。

その結果、誤解してトラックバックを重複送信したり、Movable Type では送信失敗したトラックバックURLを再送信用に保存するため、それに気づかず記事を再保存すると、誤って送信するといったケースが絶えません。*1

このエントリーでは、そのようなケースを引き起こす原因を理解できるよう、トラックバックの動作について図解します。

1.トラックバック処理(正常)


ブログAからブログBにトラックバックを送信すると、ブログBはトラックバック受信処理を開始します。送信したブログAはタイマを起動して、ブログBからの完了通知を待ちます。
ブログBが受信処理を終えるとブログAに完了通知を送信します。ブログAがタイマ起動中に完了通知を受信するとタイマを解除し、ブログAは「トラックバックを正常に送信した」と判断します。

2.トラックバック処理(異常)


ブログAからブログBにトラックバックを送信して、何らかの原因でブログBにトラックバックが到達しなかった場合、ブログAが起動したタイマがタイムアウトし、その契機にブログAは「トラックバックを正常に送信できなかった」と判断します。このケースではブログBは何も受信していません。

3.トラックバック処理(準正常1)


このケースは、ブログAからブログBにトラックバックを送信して、1と同様にブログBでトラックバック受信処理を開始、完了通知を送信したにもかかわらず。何らかの原因でブログAに完了通知が到達しなかった場合です。
ブログAが起動したタイマがタイムアウトし、その契機にブログAは「トラックバックを正常に送信できなかった」と判断します。ただしこのケースでは、ブログAには「エラー」と見えるにも関わらずブログBはトラックバックを正常に受信しています。

4.トラックバック処理(準正常2)


3のケースとほぼ同じですが、ブログBの処理が遅延してブログAのタイムアウトにひっかかってしまう場合です。「エラーになったのに相手のブログに送信されている」というのは、このケースが一番多いのではないでしょうか。

その他、トラックバック先のファイルが見つからない、ブログBで受信してエラーレスポンスを返却した等のケースが考えられます。

なお説明では便宜上、「正常・異常・準正常」と分けていますが、個人的な解釈に基づいています。


*1:ただし自ブログで「トラックバック成功」と認識させるには、重複送信する手しかありません(ブログによって動作は異なるかもしれません)

Comments [0] | Trackbacks [0]
2007年5月20日

ブログ開設3周年記念・【TB企画】あなたのおすすめサービス・ツール

May 20,2007 12:25 AM
Tag:[, , ]
Permalink

ブログ開設2周年本日、ブログ開設より丁度3年が経過致しました。
こうして大過なくブログを続けてこられたのも、皆様の暖かいご支援のおかげです。この場をお借りして心よりお礼申し上げます。

まず、現在のブログ運営状況は下記の通りです。

  • エントリー:1584(約1エントリー/日)
  • コメント:10451
  • トラックバック:3761
  • アクセス数:約8700PV/日・約26万PV/月(Google Analytics による直近1ヶ月分)

そして3周年記念ということで、2周年記念の時よりさらにみかけなくなった「TB(トラックバック)企画」を行いたいと思います。
「TB企画」とは、TB企画者が出したお題でエントリーを書き、それをTB企画者の元エントリーへトラックバックするというもので、私がブログを始めた2004年にはあちこちでTB企画をやってました。

昨年、一昨年のTB企画の模様は下記の通りです。TB企画をご存じない方の参考にどうぞ。

今回のお題は

あなたのサイトのお勧めサービス・ツール

にしてみました。

ここ最近、Web2.0 の潮流にのって様々なサービスやツールが登場しています。私はブログにどっぷり浸かっている割には新しいサービスに乗り遅れている方だと感じてますが、それはともかく、あなた自身が気に入って利用している、あるいは新しく使い始めたサービスやツールをひとつかふたつ(いくつでもいいです)取り上げ、気に入っている点や役に立った点、あるいは思い出等をご自身のサイトで紹介し、このエントリーにトラックバックしてください。

「サービスやツールが何か分からない」という方のために説明しておきますと、「サービス」は「ネットのあちら側」で用意されたもの、「ツール」は「ネットのこちら側(PCやレンタルサーバにインストール)」で利用するものを想定しています。「新しいサービス」と書きましたが、レガシーなものでも自分で作ったものでも、なんでも構いません。

なお頂いたトラックバックの記事については、2週間後位を目処にブログのキャプチャ画像と共にエントリーにて紹介させて頂く予定です(トラックバックがあればですが)。多少、皆様のサイトのアクセス増加に貢献できると思います。

ちなみに、私のお勧めサービスは「feedpath Rabbit」と「FeedBurner」です。「feedpath Rabbit」はネット上での購読スタイルを大きく変えてくれたと同時に、リニューアルによる一括表示機能がなくなった時、このサービスがいかに便利であったかを思い知らされました。
またブログから1つのフィードを生成するだけで複数のRSSフォーマットに対応してくれて、さらにあれこれと分析してくれる「FeedBurner」は、サイト運営に欠かせないサービスのひとつになっています。

という訳で、2年目を超えた辺りから「いつまでこのペースでカスタマイズ記事を投稿できるのだろう?」という日が続いてますが、過ぎてみると早いものでなんとか4年目に突入することができました。
とはいえ、開設当初のエントリーと最近のエントリーを比較するとどう考えても破綻しそうなペースです。カスタマイズネタが尽きた時は日常ネタに逃げると思いますが、よろしくお付き合いください。

Comments [19] | Trackbacks [12]
2007年5月13日

Technorati 「リンクカウントグラフ」で被リンク数の推移をブログに表示する

May 13,2007 1:35 AM
Tag:[, ]
Permalink

テクノラティの自サイトのリンク状況を眺めていると、サイドバーに「リンクカウントグラフ」なるものが表示されているのに気がつきました(下)。

リンクカウントグラフ

ということで、当サイトでも表示してみることにしました。サイドバーに一度貼り付けたのですがスタイルの調整が間に合わなかったので、とりあえずここに表示しておきます。上のスクリーンショットと違いが分からないので30日表示にしています。

Technorati リンクカウントグラフ

このグラフについて調べてみると、テクノラティジャパンサイトリニューアルでお知らせがあり、4月20日頃に追加された機能のようです。

グラフはサイトに表示させることができるようですので、本エントリーで設置方法を紹介します。

1.大きなグラフを表示する

Technorati でサイト検索した結果画面の左側にグラフが表示されます。グラフは画像リンクになってますので、クリックすると設定画面に遷移します。ここで設定画面(下)が表示されますので、計測期間を「7日/30日/90日/180日」のいずれかから選択し、「グラフ作成」をクリックして、下に表示されたコードをブログで表示させたい位置に貼り付けます。

リンクカウントグラフ設定

2.小さなグラフを表示する

上の大きいグラフはさすがにブログ上で表示スペースがありません。で、元々の検索結果画面に表示されているものと同じグラフは出せないだろうかとソースを調べたところ、表示できました。公式な設定方法ではないので予め謝っておきます。ごめんなさい。

下記のコードを貼り付ければ小さいグラフを表示できます。

<a href="http://charts.technorati.jp/chart/[表示サイトのドメイン]?chartdays=30&amp;language=ja&amp;authority=n"><img alt="Technorati リンクカウントグラフ" src="http://charts.technorati.jp/chartimg?q=[表示サイトのドメイン]&amp;width=180&amp;height=160&amp;days=180&amp;type=url" width="180" height="150" /></a>

赤色の[表示サイトのドメイン]は適宜変更してください。設定例として、当サイトであれば「www.koikikukan.com」となります。また赤色の 180 は計測期間ですので、「7日/30日/90日/180日」に対応した数字を設定すれば表示が切り替わります。
画像リンクの青枠を消去する等のスタイルは各自調整してください。

このコードをブログに貼り付けると、冒頭に表示したグラフが Technorati のクレジット付きで表示されます。

Comments [0] | Trackbacks [2]
Now loading...
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3