TopMovable Typeプラグイン管理画面 > 2008年1月
2008年1月17日

カスタムフィールドによるアップロード画像をサムネイルで表示するプラグイン

January 17,2008 1:55 AM
Tag:[, ]
Permalink

Movable Type 4.1 で追加されたカスタムフィールドで、アップロード画像をサムネイル表示するプラグインを紹介します。

2008.09.17 Movable Type 4.2 対応のバージョンを公開しました。

2008.01.22 カスタムフィールドによるアップロード画像をサムネイルで表示するプラグイン 0.02を公開しました。

このプラグインを作成した理由は、カスタムフィールドの種類で「画像」を選択すると、画像をアップロードできるようになりますが、アップロード後の表示が「表示」というリンクのみで、どのような画像をアップロードしたか分かりません(下)。

そこで、アップロード後の画像をサムネイルにして表示できるように改良してみました。このプラグインを利用すればアップロードした画像(GIF/JPG/PNG)を JavaScript でサムネイル表示できます(下)。

仕組みは「表示」というテキストリンクを、JavaScript で img 要素に置き換えているだけです(が、かなりてこずりました...)。画像幅が 200px 以上であれば画像をサムネイル表示します。

動作は、ブログ記事にひとつだけのカスタムフィールド(画像)を作り、画像選択時と、保存時に表示されることを確認しています。あまりデバグできていませんので、不具合ありましたらご連絡ください。

1.プラグインのダウンロード

下記のリンクをクリックしてプラグインをダウンロードします。

VisibleCustomFieldImage.zip

プラグイン開発やサポート等にご支援・ご賛同くださる方からの寄付をお待ち申し上げます。

上記の「寄付」のリンクをクリックすると Paypal によるお支払いページにジャンプします。

2.プラグインのアップロード

ダウンロードした VisibleCustomFieldImage.zip を解凍して、中にある VisibleCustomFieldImage.pl を plugins ディレクトリにアップロードします。「VisibleCustomFieldImage.pl」が表示されればOKです。

3.使い方

カスタムフィールドによる画像選択方法は変更ありませんが、一応手順を記しておきます。

カスタムフィールドの「imageを選択」をクリック。

画像を選択、または新規画像をアップロードして「次へ」をクリック。

「完了」をクリック。

これでアップロードされた画像がサムネイル表示されます。画像は元画像へのリンクを設定してますので、クリックすると元画像を表示します。

「表示」というリンクの時もそうですが、ブログ記事等を保存前にリンクをクリックして元画像を表示させた後、前の画面に戻ると、アップロード履歴が消えてしまいます。したがって HighSlide JS 等でサムネイルを拡大させる方がいいかもしれません。

4.サムネイル画像のサイズ

サムネイル画像のデフォルトサイズは幅200pxにしています。ソースコードが分かる人は、下記の行を変更すればデフォルトサイズを変更できます。

var def_width = 200;

サムネイル画像のデフォルトサイズ指定等は別途機能追加したいと思います。

5.ライセンス

MTOSにはカスタムフィールドはありませんが、先のことを考えてデュアルライセンスにしておきます。

5.1 MT4.1個人ライセンス/MT4.1商用ライセンスと組み合わせる場合

  • 無料で利用できます。
  • 改変・再配布は自由ですが、改変して再配布する場合、原作者のクレジットを必ず残してください。

5.2 MTOSと組み合わせる場合

  • 無料で利用できます。
  • GPLv2に従います。

2008.02.17
0.03 にバージョンアップしました。

Comments [6] | Trackbacks [0]
2008年1月10日

ブログ記事の入力フィールドに初期値を設定する「DefaultValueSetterプラグイン」

Movable Type 4.x/5.xで、ブログ記事の入力フィールドに初期値を設定する「DefaultValueSetterプラグイン」を公開します。このプラグインを利用すれば、ブログ記事の新規作成時に、

  • タイトル
  • 本文
  • 追記
  • タグ
  • 概要
  • キーワード

の各フィールドに任意の文字列を初期値として表示することができます。

これは「『タグ』や『キーワード』等にいつも同じ内容を設定するのですが、特定の文字列を予め設定しておくことはできないでしょうか」という質問を頂いたのが作成の発端です。

1.プラグインのダウンロード

下記のリンクをクリックしてプラグインをダウンロードしてください。

更新履歴

2008.01.10 初版
2009.12.16 v0.10 MT5.0対応
2011.05.31 v0.20 MT5.1対応/hetemlで正常に動作しない不具合を修正
2014.06.12 MT5.2/MT6で動作確認済

2.プラグインのアップロード

ダウンロードしたプラグインを解凍し、中にある、DefaultValueSetter フォルダを plugins ディレクトリに丸ごとアップロードしてください。

ブログ管理メニューの「設定」→「プラグイン」で「DefaultValueSetter~」が表示されればインストール完了です。

設定画面

3.プラグインの設定

ブログ別にブログ記事用の初期値を設定します。ブログ管理画面の「設定」→「プラグイン」で「DefaultValueSetter~」をクリックし、さらに「設定」をクリックすると次のような設定画面が表示されます。

設定画面

このような感じで設定し、一番下の「変更を保存」をクリック。

設定画面

ブログの新規作成画面に設定した内容が反映されます。

設定画面

4.価格

有償ライセンスと組み合わせる場合、1000円/1サーバ(税抜き)となります。プラグインの動作確認完了後、下記のリンクからお支払いください。

MTOS/個人無償ライセンスと組み合わせる場合、無料で利用できます。なお、プラグイン開発やサポート等にご支援・ご賛同くださる方からの寄付をお待ち申し上げます。下記の「寄付」のリンクをクリックすると Paypal によるお支払いページにジャンプします。

Comments [12] | Trackbacks [1]
Now loading...
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3