TopMovable Typeプラグイン管理画面 > 2009年9月
2009年9月25日

DirectiveViewer ラグイン v0.02

先日公開した、Movable Type の環境変数を参照する「DirectiveViewer プラグイン」をバージョンアップしました。

1.変更内容

  • Movable Type 4.x に対応(MT5にバージョンアップしてもプラグインを入れ替える必要はありません)

2.MovableType 4.x での利用方法

Movable Type 4.x のシステム管理画面の「ツール」→「環境変数」をクリックします。

システム管理画面

このように環境変数が表示されます。

環境変数一覧

なお、動作確認バージョンは 4.1 および 4.261 です。4.0x での動作は未確認です。

2.ダウンロード

最新版のプラグインは下記のページよりダウンロードしてください。

DirectiveViewer プラグイン
Comments [0] | Trackbacks [0]
2009年9月18日

DirectiveViewerプラグイン

Movable Type の管理画面から環境変数の設定状況を参照できるプラグインを公開します。

このプラグインを利用すれば、次のように、管理画面に環境変数の一覧を表示できます。

環境変数一覧

1.環境変数について

Movable Type の環境変数は、システム全体の動作を定義するものです。例えば、インストール時には CGIPath が環境設定ファイル mt-config.cgi に設定されます。また、インストール後に mt-config.cgi を編集して、任意の環境変数を設定することで、動作を変更することができます。

mt-config.cgi に設定されていない環境変数については、システム内部でデフォルト値が定義されているものもあります。

2.プラグインの機能

このプラグインは以下の機能があります。

  • 環境変数名(ディレクティブ)とその値を表示します。
  • システム管理者権限でログインした場合のみ表示されます。

なお、環境変数は手作業で収集したので、不足しているものがあるかもしれません。また、PluginSchemaVersion のように、プラグイン名の指定が必要なものは対象外にしています。

本プラグインは Movable Type 4.x/5.x で動作します。4.x については現在確認中です。

3.プラグインのダウンロード

下記のリンクからプラグインアーカイブをダウンロードし、任意のフォルダに保存してください。

変更履歴

2009.09.18 初版
2009.09.25 v0.02 Movable Type 4.x に対応
DirectiveViewer_0_02.zip

プラグインのご利用および質問に対する回答等について、ご支援・ご賛同くださる方からの寄付をお待ち申し上げます。

4.インストール

プラグインアーカイブを解凍し、中にある DirectiveViewer フォルダを plugins ディレクトリにアップロードしてください。

ブログ管理画面より「システム」→「プラグイン」でプラグイン一覧を表示し、次のように表示されればOKです。

プラグイン一覧画面

5.表示方法

システム管理者権限でログインし、システム管理画面の「ツール」→「環境変数」をクリックします。Movable Type 5.x であれば、メニューの一番下に表示されます(下)。

メニューの環境変数

Comments [0] | Trackbacks [0]
2009年9月11日

InvalidateCodeMirrorプラグイン

Movable Type 5 のテンプレート編集画面で CodeMirror を無効にするプラグインです。

1.機能

プラグイン適用前
プラグイン適用前

プラグイン適用後
プラグイン適用後

注:本エントリー投稿時点での MT5 はベータ版なので、ベータ利用許諾契約に抵触するようでしたらご指摘ください。速やかにプラグインのダウンロードリンクを削除します。

2.プラグインのダウンロード

下記のリンクからプラグインアーカイブをダウンロードし、任意のフォルダに保存してください。

修正履歴

2009.09.11 初版
2011.06.13 v0.10 MT5.1対応
2011.01.15 v0.11 MT5.1でテンプレートプレビューが正常に動作しなくなる不具合を対処
2012.03.15 v0.12 MT5.13で正常に表示されない不具合を対処
InvalidateCodeMirror_0_12.zip(MT5.0x/MT5.1x対応)

プラグインのご利用および質問に対する回答等について、ご支援・ご賛同くださる方からの寄付をお待ち申し上げます。

3.プラグインのインストール

プラグインアーカイブを解凍し、中にある InvalidCodeMirror フォルダを plugins ディレクトリにアップロードしてください。

ブログ管理画面より「システム」→「プラグイン」でプラグイン一覧を表示し、次のように表示されればOKです。

プラグイン一覧画面

あとはテンプレート編集画面を開いて、表示が変更されたことを確認してください。

Comments [5] | Trackbacks [2]
2009年9月10日

EditFieldControllerプラグイン v0.02

先日公開した「EditFieldController プラグイン」をバージョンアップしました。

1.変更内容

  • ロール名による制御機能を追加
  • システム管理者のスキップ機能を追加

次の画面のとおり、機能追加した設定項目をプラグイン設定画面に加えました。

プラグイン設定画面

2.ダウンロード

最新版のプラグインは下記のページよりダウンロードしてください。

EditFieldController プラグイン
Comments [0] | Trackbacks [0]
2009年9月 1日

Movable Type の記事投稿画面フィールドの表示・非表示を制御する「EditFieldControllerプラグイン」

Movable Type のブログ記事編集画面・ウェブページ編集画面のフィールドの表示・非表示を制御する、EditFieldController プラグインを公開します。

下の画像は、特定のユーザーがブログ記事を編集する場合に、タイトルフィールドを書き込み禁止にし、本文以外のフィールドを非表示にした例です。

完成例

デフォルト機能でもユーザー自身がフィールドの表示・非表示を変更できますが、このプラグインではシステム管理者がログインユーザー名でフィールドの表示・非表示を制御できる点が異なります。

つまり記事編集者が誤って別のフィールドを編集する行為を防止することを目的としたプラグインです。機能としてはまだまだ未完成なので、「こういう制御を行ないたい」という希望がありましたらご要望ください。今後はロール名でも制御できるようにする予定です。

1.機能

指定ユーザーに対し、以下のフィールドの表示(書込み禁止)や非表示が可能です。また、指定ユーザー以外のユーザーに適用することも可能です。

  • タイトル
  • 概要
  • タグ
  • キーワード
  • 公開状態
  • 公開日
  • 出力ファイル名
  • カテゴリ
  • フォルダ
  • 受信設定
  • トラックバック送信先URL
  • 削除ボタン
  • 表示オプション

2.価格

本プラグインの価格は次の通りです。

  • 個人ライセンス(無償):無償
  • 上記以外の有償ライセンス:10000円/1サーバ(税抜き)

なお、個人ライセンスの方も、プラグインのご利用および質問に対する回答等について、ご支援・ご賛同くださる方からの寄付をお待ち申し上げます。

有償ライセンスでご利用の場合、プラグインの動作確認後、下記から指定の金額をお支払いください。お支払い後に不具合が発覚しても払い戻しは致しかねますのでご注意ください。なお、銀行振り込みをご希望の場合は、大変ご面倒ですが、お問い合わせからご連絡ください。折り返し振り込み口座をご連絡致します。

3.プラグインのダウンロード

下記のリンクからプラグインアーカイブをダウンロードし、任意のフォルダに保存してください。

変更履歴

2009.09.01 初版
2009.09.10 ロール名による制御の追加・システム管理者スキップ機能の追加
EditFieldController_0_02.zip

4.インストール

プラグインアーカイブを解凍し、中にある EditFieldController フォルダを plugins ディレクトリにアップロードしてください。

ブログ管理画面より「システム」→「プラグイン」でプラグイン一覧を表示し、次のように表示されればOKです。

プラグイン一覧画面

5.プラグインの設定

ブログ管理画面(システム管理画面ではありません)の「ツール」→「プラグイン」でプラグイン一覧画面を表示し、「EditFieldController」→「設定」をクリックして、プラグインの設定を行ないます。

プラグイン設定画面

システム管理者
チェックすれば、システム管理者を処理対象外にします。
対象ユーザー名
処理対象(あるいは処理対象外)のユーザー名(ユーザーの表示名ではありません)を設定します。複数設定する場合は半角カンマで区切って記述します。
対象ロール名
処理対象(あるいは処理対象外)のロール名を設定します。複数設定する場合は半角カンマで区切って記述します。
処理方法
指定したユーザーを処理対象にする・しないを設定します。
タイトル
タイトルフィールドの表示を制御します
概要
概要フィールドの表示・非表示を制御します
タグ
タグフィールドの表示・非表示を制御します
キーワード
キーワードフィールドの表示・非表示を制御します
公開状態
公開状態の表示・非表示を制御します
公開日
公開日の表示・非表示を制御します
出力ファイル名
出力ファイル名の表示・非表示を制御します
カテゴリ
カテゴリフィールドの表示・非表示を制御します
フォルダ
フォルダフィールドの表示・非表示を制御します
受信設定
受信設定の表示・非表示を制御します
トラックバック送信先URL
トラックバック送信先URLの表示・非表示を制御します
削除ボタン
編集画面の「削除」ボタンの表示・非表示を制御します
表示オプション
「表示オプション」リンクの表示・非表示を制御します
Comments [0] | Trackbacks [0]
Now loading...
ギターに入った猫
掲載広告募集
Styles
Font Size
Default
For defective color vision
Gray Scale
RGB Color
Search this site

このブログをメールで購読する by:FeedBurner

AMN
Categories
Monthly Archives
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
BlogPeople
Syndicate this site
FeedBurner(RSS1.0/RSS2.0/Atom)
Counter
これまでのアクセス
Powered by
Movable Type 6.0.3